人材関連方針

人材に関する基本方針

ニチレイグループでは、多様な価値観や発想を受け入れ、活かすことで、組織を活性化し、更なる生産性の向上を目指しています。2017年には「ニチレイグループ 働き方改革方針」を定め、事業会社ごとに同方針に基づく目標を設定し、2021年度までの実現に向け、取り組みを進めております。

働きがい向上基本方針

『社員重視の職場づくり』

「顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)向上は、車の両輪である」との基本理念に基づき、ニチレイグループで働くすべての従業員が自分の職場や仕事に誇りを持ち、上司との信頼関係の下、意欲を持って働き、持てる能力を最大限に発揮できる職場環境を整備する。

『ダイバーシティの推進』

ダイバーシティ(異なる属性〔性別、年齢、国籍等〕や異なる発想・価値を認め、従来と異なる新しい考え方や価値意識を受け入れるだけの許容力を、企業革新の一つの原動力に変えること)の推進を通じて労働力(人財)の確保、従業員の働きがい・生きがいの向上、さらには新たな発想や価値の創造の実現を目指す。

働き方改革方針

ニチレイグループでは、多様な価値観や発想を受け入れ、活かすことで、組織を活性化し、更なる生産性の向上を目指しています。2017年には「ニチレイグループ 働き方改革方針」を定め、事業会社ごとに同方針に基づく目標を設定し、2021年度までの実現に向け、取り組みを進めております。

多様な働き方の実現 就業における選択肢の拡充 働く場所や時間といった就業環境に自由度を持たせた制度を導入し、状況に合わせて選択できるようにする
キャリア継続の仕組みを構築 出産や育児、介護、配偶者の転勤、健康不安・罹患など、従業員が置かれている様々な状況に関わらず、キャリア分断が起こらない仕組みを構築する
長時間労働の是正 労使協働で働き方改革に取り組み、従業員一人ひとりが健康で働きがいを持ち、能力がより発揮できる適切な労働時間を実現する
公平な機会の提供 女性活躍の推進 公平に機会・教育の場を提供し、ニチレイグループの貴重な戦力となるよう支援する
障がい者が活き活きと働く場を提供 『障がい者と健常者が分け隔てなく共存する社会(共生社会)の実現』という理念のもと、障がいのある方の働く場や機会を創出し、いきいきと働き、生活していく事を支援する
シニア雇用の創出 健康寿命が延びる中、シニアならではの経験を活かし、一人ひとりの価値観、働き方に応じた活躍の場を創出する

健康経営に関する方針

ニチレイグループ健康宣言

「おいしい瞬間を届けたい」、その想いを大切に、ニチレイグループで働く一人ひとりの健康づくりに取り組みます

基本方針

  1. 「働きがい」のベースには心と身体の健康があるという考えのもと、労使協働で活力ある職場づくりを推進します。
  2. 従業員一人ひとりが健康意識を高め、主体的に健康増進に取り組む環境づくりに努めます。
  3. 健康保持増進、メンタルヘルス対策・安全衛生管理を3つの柱とし「健康マネジメント」に取り組みます。