中期経営計画

中期経営計画(2019年度~2021年度)

“WeWill 2021”

世界経済の不安定性が増すなか、為替相場や原材料価格、エネルギーコストの変動が続くことが想定されます。国内では、労働力不足に伴う様々なコストの上昇が続く一方で、世帯構成やライフスタイルなどの変化がもたらす消費形態の多様化が見込まれます。

本計画では、経営環境の変化を的確にとらえながら、加工食品事業と低温物流事業を中心に成長および基盤強化に向けた設備投資を実施し、「持続的な利益成長」と「豊かな食生活と健康を支える新たな価値の創造」の実現を目指します。

 

全体戦略

目標の達成に向け、以下の施策を実施してまいります。

(1)国内では経営基盤の強化や事業構造の変革により収益力を向上する。

(2)海外では事業規模拡大を加速する。

(3)中長期を見据えた新規事業開発・研究開発・業務革新の取組みを強化する。

(4)事業を通じて社会課題を解決し持続可能な社会の実現に貢献する。

(5)働き方改革や多様な人材の活躍推進に注力する。

 

2021年度全体目標数値

売上高

6,570億円

  内 海外売上高

1,023億円

営業利益

350億円

純利益

220億円

EBITDA

579億円

設備投資総額(3ヵ年累計)

1,009億円

 EBITDA=営業利益+減価償却費(リースを含み、のれんを除く)

 

財務戦略

営業キャッシュ・フローと資産流動化により創出された資金は、企業価値の維持向上のための投資と配当や自己株式の取得を通じた株主還元に振り向けます。

株主還元については、連結自己資本配当率(DOE)を基準として安定的な配当を継続するとともに、資本効率や市場環境などを考慮のうえ自己株式の取得を機動的に実施することを基本方針とします。

·     連結自己資本当期純利益率(ROE)は10%以上を維持する

·     連結自己資本配当率(DOE3.0%を目安に配当を実施する

 

セグメント別の事業計画

(1)加工食品事業(ニチレイフーズグループ)

  ・主力カテゴリであるチキン・米飯への資源集中による収益力強化

  ・新たな主力カテゴリの創出と差別化の実現に向けた研究開発・技術開発の強化

  ・北米を中心とした海外事業の規模拡大

(2)水産・畜産事業(ニチレイフレッシュグループ)

  ・加工品の取扱拡大を通じた市況変動の影響を受けにくい収益体制の構築(水産事業)

  ・自社生産機能の拡充や差別化商品の販売強化による収益拡大(畜産事業)

(3)低温物流事業(ニチレイロジグループ)

  ・大都市圏の主要保管拠点および地方での運送機能の最大活用による収益拡大

  ・庫内作業のデジタル化や省力化・省人化の推進、および適正料金の収受などを通じた各種コスト上昇への対応

  ・欧州を中心とした海外事業の規模拡大

(4)バイオサイエンス事業(ニチレイバイオサイエンス)

  ・次世代の診断薬・診断装置の開発と海外事業の基盤構築

 

 

2021年度 セグメント別の売上高・営業利益目標

セグメント

売上高

営業利益

加工食品

2,630億円

187億円

水産

750億円

8億円

畜産

1,030億円

18億円

低温物流

2,270億円

127億円

不動産

45億円

18億円

その他

80億円

6億円

全社・消去

△235億円

△14億円

合計

6,570億円

350億円

 

ご参考①)  2019514日発表 ニチレイグループ2019年度‐2021年度中期経営計画「WeWill 2021

ご参考②) 「中期経営計画『WeWill 2021』説明会資料