• ※発表者・執筆者について : 下線は当社関係者、○は発表者。

冷凍

2011年

「大量精製が可能になった不凍タンパク質の応用 -食品-」冷凍 2011年7月号 第86巻1005号 34−37

井上敏文小泉雄史

健康・栄養

2014年

「Evaluation of local eggplant cultivars in terms of the suitability as materials for "Yakuzen" dishes」Advances in Horticultural Science Vol.28

S. Tsukagoshi, K. Kuroda, M. Hohjo, F. Ikegami, N. Kunisaki, T. Hanamura, K. Yamada, T. Hagiwara

2011年

「ダイコン品種の薬膳素材としての適性評価」食と緑の科学 第65号

塚越覚、犬塚沙織、北条雅章、池上文雄、武永早苗中尾千草瓜生登萩原俊彦青木仁史花村高行

「Optimal reaction conditions for the production of γ-aminobutyric acid by the marine yeast isolate Pichia anomala MR-1 strain.」Biosci Biotechnol Biochem. 75 (10): 1867-71 (2011)

Xiao-feng Guo, Toshihiko Hagiwara, Kazuaki Masuda, Shugo Watabe

2009年

「Identification of high gamma-aminobutyric acid producing marine yeast strains by physiological and biochemical characteristics and gene sequence analyses.」Biosci Biotechnol Biochem. 73(7):1527-34 (2009)

Xiao-feng Guo, Aoki Hitoshi, Toshihiko Hagiwara, Kazuaki Masuda, Shugo Watabe

2008年

「Isolation of marine yeasts collected from the Pacific Ocean showing a high production of gamma-aminobutyric acid.」Biosci. Biotecnol. Biochem,. 72 (12): 3265-3272, (2008)

Kazuaki Masuda, Xiao-feng Guo, Noboru Uryu, Toshihiko Hagiwara, Shugo Watabe

アセロラ

2017年

「Acerola (Malpighia emarginata DC.) Juice Intake Suppresses UVB-Induced Skin Pigmentation in SMP30/GNL Knockout Hairless Mice」PLOS ONE, 12(1) (2017)

Yasunori Sato, Eriko Uchida, Hitoshi Aoki, Takayuki Hanamura, Kenichi Nagamine, Hisanori Kato, Takeshi Koizumi, Akihito Ishigami

2012年

「Discrimination between Ascorbic Acid from Acerola and of Synthetic Origin by Measuring 13C and 18O Stable Isotope Ratios」Chemistry Letters, 41, 929-931 (2012)

Takayuki Hanamura, Eriko Uchida, Yutaka Ishiguro, Takeshi Koizumi, Michie Sekiguchi, Ryo Kobe

2011年

「Absorption and excretion of ascorbic acid alone and in acerola (Malpighia emarginata) juice: comparison in healthy Japanese subjects.」Biological and pharmaceutical bulletin, 34, 1744-1747 (2011)

Eriko Uchida, Yoshitaka Kondo, Akiko Amano, Shingo Aizawa, Takayuki Hanamura, Hitoshi Aoki, Kenichi Nagamine, Takeshi Koizumi, Naoki Maruyama, Akihito Ishigami

2008年

「アセロラ果汁飲料摂取による肌状態の改善効果」日本食品科学工学会誌, 55,6-12 (2008)

花村 高行青木 仁史内田 絵理子萩原 俊彦

「Toxicological Evaluation of PolyphenolExtract from Acerola(MalpighiaemarginataDC.) Fruit」Journal of Food Science, 73, T55-61(2008)

Hanamura T, Aoki H.

「Changes of the Composition in Acerola(MalpighiaemarginataDC.) Fruit in Relation to Cultivar, Growing Region and Maturity」Journal of the Science of Food and Agriculture, 88, 1830-1820 (2008)

Takayuki Hanamura, Eriko Uchida, Hitoshi Aoki

「Skin Lightening Effects of PolyphenolExtract fromAcerola(MalpighiaemarginataDC.)Fruit on UV-Induced Pigmentation」Bioscience Biotechnology Biochemistry 72, 80421-80428 (2008)

Takayuki Hanamura, Eriko Uchida, Hitoshi Aoki

2006年

「AntihyperglycemicEffects of Polyphenolsfrom Acerola(MalpighiaemarginataDC.) fruit.」Bioscience Biotechnology Biochemistry, 70, 1813-1820 (2008)

Takayuki Hanamura, Chisato Mayama, Hitoshi Aoki, Yasushi Hirayama, Makoto Simizu

おいしさ

2013年

「Optimising aroma quality in curry sauce products using in vivo aroma release measurements」Food Chemistry, (2014), 157

Jun Hatakeyama, James M. Davidson, Avinash Kant, Takeshi Koizumi, Fumiyo Hayakawa, Andew J. Taylor

2011年

「Evaluation of some local cultivars of carrot in terms of the suitability as materials for "Yakuzen" dishes」Journal of traditional medicines Vol.28

Satoru Tsukagoshi, Asami Takano, Masaaki Hohjo, Fumio Ikegami, Toshihiko Hagiwara, Chigusa Nakao, Kosuke Yamada, Takayuki Hanamura, Sanae Takenaga, Hitoshi Aoki

安全・安心

2018年

「Inactivation of Bacteria Adhering to Vegetables Using Discharge in Water 」International Journal of Plasma Environmental Science & Technology, Vol. 12, No.2, pp.97-102 (2019)

Y. Hui, R. Oikawa, K. Takahashi, K. Takaki, and H. Aoki

2016年

「家庭用冷蔵庫内における揮発性有機化合物の冷凍食品への収着に関する研究」日本食品化学学会 23巻2号

倉員貴昭鈴木稚子伊藤千恵子島原義臣
 ★日本食品化学学会「島津論文賞」受賞

バイオ・分子診断薬

2015年

「ALK陽性肺癌の特徴およびヒストファインALK iAEP®キットによるスクリーニング」MEDICAL TECHNOLOGY 2014;43:4 385-389

笠松敏幸

2014年

「病理画像解析による免疫組織化学の判定技術―HER2スコアリング,Ki-67 index算出のためのWEBアプリケーション」MEDICAL TECHNOLOGY 2014;42:5 481-486

鈴木良平

2010年

「動物組織用検出系試薬シンプルステインMAX-POによる凍結切片染色検討」臨床病理 2010;58:12 1181-1187

笠松敏幸北野由里子大林弘一

2009年

「A novel mouse monoclonal antibody targeting ErbB2 suppresses breast cancer growth」Biochemical and Biophysical Research Communication

Seiji Kawa, Hirohisa Matsushita, Hirokazu Ohbayashi, Kentaro Semba, Tadashi Yamamoto

2007年

「Evaluation of a New Anti-HER2 Monoclonal Antibody (Nichirei SV2-61γ): A Best Concordance with HER2 FISH」Applied Immunohistochemistry and molecular Morphology 2007;15:389-393

Yuriko Kitano, Shinobu Umemura, Hirokazu Ohbayashi, Masato Takenaga, Robert Y Osamura

2005年

「免疫組織化学検査におけるヒト組織と動物組織の反応性」Medical Technology 33(7): 758-764, 2005.

長嶋健二服巻ゆかり武永正人、阿部寛

バイオ・機能性素材

2012年

「ヨーロッパ産バラ果実(ローズヒップ)から抽出したエキスに7つの有効性を確認「ニチレイ・ローズフルーツエキス~Herbal Therapy~」 」FRAGRANCE JOURNAL 40(6): 116-117, 2012.

株式会社ニチレイバイオサイエンス

「胎盤がもつ有用な成分を最大限引き出したヒアルロン酸含有プラセンタエキス「ニチレイ・高圧抽出プラセンタエキスF」 」FRAGRANCE JOURNAL 40(5): 126-127, 2012.

株式会社ニチレイバイオサイエンス

2011年

「沖縄産アセロラ果実エキスの抗老化作用」FRAGRANCE JOURNAL 39(4): 49-51, 2011.

桧物綾香

「多彩な機能性を有する国産バラエキス「ニチレイ・バラエキス~紅香姫(R)(あかひめ)~」 」FRAGRANCE JOURNAL 39(6): 98-99, 2011.

株式会社ニチレイバイオサイエンス

2008年

「2-IV-32 ヒト1回摂取によるビタミンC及びアセロラビタミンCの吸収や体内動態に関する検討」ビタミン 82(4): 309-309, 2008.

花村高行青木仁史永峰賢一、佐藤安訓、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人

「2-IV-33 SMP30/GNLノックアウトマウスを用いたビタミンC吸収効率評価系の確立」ビタミン 82(4): 309-309, 2008.

岩間水輝、佐藤安訓、永峰賢一花村高行青木仁史、天野晶子、近藤嘉高、石神昭人

2007年

「Isolation and Characterization of a Novel Flavonoid Possessing a 4,2” -Glycosidic Linkage from Green Mature Acerola (Malpighia emarginata DC.) Fruit」Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry Vol. 71 (2007) No. 5

Masakazu KAWAGUCHI, Hideya TANABE, Kenichi NAGAMINE

2006年

「天然ビタミンC美白原料「ニチレイ・カムカムエキスB30」」FRAGRANCE JOURNAL 34(4): 113-113, 2006.

株式会社ニチレイバイオサイエンス

バイオ・迅速診断薬

2008年

「スタットマーク インフルエンザA/B」Medical Technology 36(13): 1320-1320, 2008.

笹島義志

「スタットチェック ストレップA」Medical Technology 36(13): 1320-1320, 2008.

笹島義志

「スタットマーク FLUスティックAB」Medical Technology 36(13): 1320-1320, 2008.

笹島義志

環境

2013年

「JAS法に準拠した加工食品成分表示データに基づくライフサイクル評価手法の検討」日本LCA学会誌, 2013年10月号 Vol.9 No.4

小柳津 新一棚田 正三、 田原 聖隆

その他

2018年

「”Mental representation of domestic cooking operations among Japanese consumers”」International Journal of Gastronomy and Food Science 13(2018) 38-46

Yuko Minami, Yasushi Kyutoku, Masako Okamoto, Yuko Kusakabe, Takeshi Koizumi, Ippeita Dan

2017年

「食意識による消費者クラスター形成:豚肉購買動機への影響」 日本感性工学会論文誌 17巻1号, pp.187-195 (2017)

吉田衣里菜、相澤実歩、南裕子、久徳康史、檀一平太

「日本人消費者における冷凍米飯商品の主観的価値:関係性と差異の統計的検討」 日本感性工学会論文誌 17巻1号, pp.149-157 (2017)

相澤実歩、吉田衣里菜、南裕子、久徳康史、檀一平太

2012年

「Conceptualization of food choice motives and consumption among Hapanese in light of meal, gender, and age effects.」Food Quality and Preference

Yasushi Kyutoku, Yuko Minami, Takeshi Koizumi, Masako Okamoto, Yuko Kusakabe, Ippeita Dan