食品工場におけるCO2削減

食品工場におけるCO2削減

ニチレイフーズの食品工場(関係会社含む)では、安全・安心な商品の生産を行うために、加熱や冷凍、保管の過程での徹底した温度管理や設備の充実を図るとともに、さまざまな環境課題にも取り組んでいます。CO2排出量の削減については、日々の省エネ活動や新しい技術、高効率な設備の導入などに継続して取り組んでいます。

船橋第二工場における取り組み

トピックス

ページトップへ戻る

液体燃料(重油・灯油)から都市ガス、LPGへの燃料転換

重油や灯油に比べ、CO2の排出量が少ない都市ガスやLPGへの転換を実施しています。
2012年度に長崎工場にてボイラー燃料として使用していた重油を都市ガスに転換し、その後船橋工場、山形工場でも実施しました。2013年8月に実施した山形工場では、燃料転換と併せて、ボイラーと空調設備を高効率の設備に更新し、燃料転換と設備更新で、年間900トンのCO2削減を見込んでいます。

長崎工場の燃料転換

ページトップへ戻る

自然冷媒冷凍機への入れ替え

2013年度、関西工場の冷凍機をオゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロン類に替えて、自然冷媒を採用した冷凍機を導入しました。インバータ制御になったことで効率が高まり、省エネにもつながりました。

※この冷凍機の設置費用の一部は、環境省「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」の交付を受けています。

ページトップへ戻る

できるだけ使わない(省エネ)

工場内でんき予報で電力デマンド管理

電気予報

でんき予報
省エネ委員会メンバー
省エネ委員会メンバー

ニチレイフーズ長崎工場では、気象庁からの予想最高気温と生産稼働計画から、工場内のピーク電力を予測し、工場内でんき予報として、1カ月前、1週間前、前日、当日と、最新のでんき予報を従業員に知らせています。
でんき予報が「厳しい」となった日には、従業員全員で小まめな節電や空調の調節を心掛けます。でんき予報のおかげで節電の心構えや事前の準備ができるようになり、節電意識も向上しました。
このような省エネ活動の積み重ねで、契約電力の大幅な引き下げにもつながりました。

エネルギー効率をアップさせるための設備導入

ニチレイフーズ関西工場では、設備ごとの電力使用量を把握するなどして、効果的な省エネ活動に取り組んでいます。このうち電気を効率良く使用するための改善策として、自動力率調整装置に着目し、導入を進めています。2012年度に設置した装置では、電力使用量を約3%削減することができました。現在は、別工場棟への展開を図っています。

ページトップへ戻る

再利用する

排熱の利用

廃食用油の再利用

中冷の廃食油ボイラー
中冷の廃食油ボイラー

(株)中冷では、揚げ工程に使用した廃食用油をボイラー燃料として再利用する取り組みを2006年度より実施しています。これにより、化石燃料を使用した場合に比べ、CO2換算で年間14トン分の削減効果を上げています。

ページトップへ戻る

自然の力を活かす

地中熱の利用

(株)中冷では、地中にパイプを埋め、地中熱で外気を温調する設備を導入し、夏の冷房、冬の暖房に活用しています。

太陽光の利用

ニチレイフーズ船橋工場と(株)ニチレイ・アイスでは、太陽光発電設備を設置しています。さらに船橋工場では、屋根の上に設置したドームで太陽光を効率良く引き込み、建物内の直接照明として利用する設備も2009年度から導入しています。

屋根の上のドーム 屋根の上のドーム

室内 室内

緑化の取り組み

CO2削減の取り組みとして、排出量を減らすとともに、その吸収源を育てていく活動にも取り組んでいます。敷地内の緑地を管理するほか、近隣の方々とともに植林や花植え・草取りなどの活動にも参加しています。

関西工場の緑化 1

関西工場の緑化 2

関西工場の緑化

ページトップへ戻る