オフィスにおけるCO2削減

オフィスにおけるCO2削減

グリーン電力によるオフセット(NXフォーラム、こだわりセミナー)

工場や冷蔵倉庫などでの太陽光発電設備の導入に加え、「グリーン電力証書」を購入しています。

ニチレイでは、2007年1月より年間100万kWhのバイオマス発電を委託し、本CSRレポートの印刷・製本にかかる電力(800kWh)相当分をこの一部でまかなっています。2012年度に開催したニチレイフーズ「NXフォーラム2012」では、全国8会場で使用した電力(約17,000kWh)相当分を、グリーン電力の一部でまかないました

また、ニチレイフレッシュでは、「こだわりセミナー」の会場で使用した電力(大阪会場:約2,000kWh、東京会場:約4,000kWh)相当分について、バイオマス発電によるグリーン電力証書を購入しました。

グリーン電力証書システム

※「グリーン電力証書システム」:自然エネルギーによって発電された電力が持つCO2排出削減などの環境付加価値を、「グリーン電力証書」という形で具体化し取引することで、発電所から遠い場所でも自然エネルギーによる電力を使用(オフセット)したとみなす仕組み。

ページトップへ戻る

オフィスの取り組み

ニチレイグループでは、所有ビルでの省エネ設備の導入や、事務所における節電活動を行っています。

2012年夏季の節電要請時期には、2011年度に引き続き、消灯の徹底や出退勤時間の調整などの追加活動に取り組みました。

2011年度に比べ、節電意識に起因する部分の使用量の増加が見られましたが、2012年度の本社ビル全体の電力使用量は、2010年度〜2012年度に実施した設備面での取り組み効果もあり、引き続き2010年度比15%削減となりました。

ページトップへ戻る

技術開発センターにおけるCO2削減

技術開発センターでは、電力使用量をリアルタイムに監視する「デマンドコントローラー」を2011年6月より導入しています。これにより、電力需要期において使用量の上限値を抑える管理が可能となりました。

また、夏期には、原材料や試作品などを保管する冷凍庫・冷蔵庫や保存試験を行う貯蔵試験庫の運転を一時的に停止するほか、空調利用を抑える目的で緑のカーテンやよしずを設置。加えて、食品の加熱機器で使用している蒸気を作るボイラーについて、終日運転から使用状況に合った運転へと変更しました。

これらの施策により、2012年度は、2010年度比350tのCO2を削減しました。

よしず

よしず

ページトップへ戻る

エコロジー委員会活動報告会の開催

ニチレイバイオサイエンスの開発センターでは、環境保全に関する意思決定機関として「エコロジー委員会」を組織し、ニチレイグループ環境方針を達成するために、中期環境目標を定めて運営管理するマネジメントシステムを確立しています。

2012年夏季には、前年度の最大需要電力量298kw以内を目標に定めて節電に取り組んだ結果、281kw(5.7%削減)となり目標を達成しました。

【主な節電対策事項】

  • 製造室の照明250本のLED化

製造室の照明250本のLED化

効果

:年間12,000kwhの削減見込

 

:照度が平均約2倍に向上するなど、作業性の向上にも寄与

  • 冷凍庫室外機での熱交換効率向上のための散水装置設置

冷凍庫室外機での熱交換効率向上のための散水装置設置

効果

:機械室内に設置しているため、高温になる季節には熱交換の能力が低下、非効率な運転や停止につながっていたが、散水装置を設置し、高温時には青いスポンジ部分から霧が出て、冷凍庫室外機を冷やすようにしたところ、効率で安定的な運転が可能になった。

  • 最大需要電力を通知する仕組みを導入。基準以上の使用で警報が鳴り、消灯等を実施。
  • 夏場の生産稼動の調整(休日へ生産シフト)
  • エコキュート(ヒートポンプ給湯機)停止
  • 小まめな消灯
  • 室温28度の徹底

委員会の様子委員会の様子

これらの取り組みの結果は、「エコロジー委員会活動報告会」として従業員へフィードバックし、全員参加の環境保全に取り組んでいます。

ページトップへ戻る