方針と取り組み

方針と取り組み

方針(企業経営理念:従業員に より)

方針 企業経営理念(ミッション・ステイトメント):従業員に より

ニチレイグループは、従業員こそ企業発展の源であると考え、会社の仕事が従業員一人一人にとってやり甲斐のあるものであり、自己実現の場の一つとなることを願っています。同時に、従業員の個人の尊厳と個性の発揮並びに個人生活の充実を尊重します。

  • 能力開発と能力発揮の機会の提供
  • 能力と努力と成果に見合った処遇制の実施
  • 安全で風通し良く活性化された職場環境づくり
  • 性別・年齢・学歴・人種・宗教などに関する差別的な行為を防止し、待遇の機会均等を実現

ページトップへ戻る

働きがい向上基本方針

『社員重視の職場づくり』

「CS向上とES向上は車の両輪である」との基本理念に基づき、ニチレイグループで働くすべての従業員が自分の職場や仕事に誇りを持ち、上司との信頼関係の下、意欲を持って働き、持てる能力を最大限に発揮できる職場環境を整備する。

『ダイバーシティの推進』

ダイバーシティ(異なる属性〔性別、年齢、国籍等〕や異なる発想・価値を認め、従来と異なる新しい考え 方や価値意識を受け入れるだけの許容力を、企業革新の一つの原動力に変えること)の推進を通じて、労働力(人財)の確保、従業員の働きがい・生きがいの向上、さらには新たな発想や価値の創造の実現を目指す。

ページトップへ戻る

推進体制

ページトップへ戻る

従業員に対する各種調査と施策

従業員に対する各種調査と施策についての詳細はこちら

ページトップへ戻る

2012年度の活動と今後の取り組み

2012年度の活動

  • グローバル人財の育成・採用(ニチレイフーズ)
  • 全社運動
    ハミダス活動(ニチレイフーズ)
    A・S・A運動(ニチレイフレッシュ)
  • 報奨制度
    選ばれつづける仕事賞(ニチレイロジグループ)
  • 従業員に対する各種調査とそれを踏まえた施策の実施(各事業会社)

今後の取り組み

  • 人財の育成
    海外事業人財や現場のリーダー層など、各事業に必要な人財の育成を行う。 持株会社については、高い専門性を持ち、グローバルに展開する事業会社を支援できる人財の育成を目指す。
  • 事業特性に応じた組織・人事政策の推進と働きがいの向上
    従業員一人ひとりの多様な価値観を尊重し、ダイバーシティ・マネジメントの視点から各事業の特性に応じた組織・人事政策を実行する。また、公正・公平な処遇にもとづき、自立した個人としてのキャリア形成を支援し、ライフステージに応じた働き方を提案していく。