ニチレイ CSRレポート2012 社会のために|物流に関する教育

社会のために

物流に関する教育

小中学生 社会科見学の受け入れ

見学の様子

見学の様子

ニチレイロジグループでは、周辺地域の小中学生を中心とした校外学習を継続的に受け入れています。

(株)ニチレイ・ロジスティクス東海では、2012年1月に名古屋市立南陽中学校から4名の生徒を受け入れました。総合学習の一貫として、『環境問題に積極的に取り組んでいる企業』へということで、当社へ依頼がありました。見学のなかでは、事業紹介、CSRレポートを使用して環境に対する活動の紹介、生徒さんからの質問への回答を行いました。また隣接の白鳥物流センター構内の見学を行い、生徒さんたちは冷蔵庫の大きさや庫内の温度を体感し驚いていました。当社の環境への取り組みや事業について知ってもらう良い機会でした。また、ニチレイフーズより冷凍食品の試食やお土産を提供し、ニチレイグループのアピールもできました。

VOICE

株式会社ニチレイ・ロジスティクス東海 企画管理部
勅使 るり子

社会貢献として地元学校の校外学習の受け入れをしております。また当社事業や社会活動をより知っていただく良い機会と捉えております。今回初めて担当させていただき、どのように対応したらわかり易くお伝えできるか苦慮しましたが、学習を終えて生徒さんから環境問題を身近に考え取り組むきっかけとなったとのお礼のお手紙をいただくことができました。次年度も依頼がありましたら継続する予定です。

このページの先頭へ戻る

サレジオ学院中学校の生徒さんを対象に、東京物流センター見学会を実施しました。

見学の様子

見学の様子

(株)ニチレイ・ロジスティクス関東 東京物流センターでは2011年11月に、サレジオ学院中学校(神奈川県横浜市)の生徒さん11名を対象に、見学会を実施しました。
見学会では、ニチレイグループ全体の事業活動や物流の役割を学んだ後、東京物流センターの特徴とも言える自動倉庫を見学しました。質疑応答では、物流についての質問のほかにも、仕事のやりがいや物流関係の仕事に就いたきっかけなど様々な質問が寄せられ、東京物流センターの従業員が自身の経験を基に回答しました。

このページの先頭へ戻る

大学への寄付講座

授業の様子

授業の様子

ニチレイロジグループでは(社)日本物流団体連合会主催の寄附講座を2011年度は関西大学、慶應義塾大学、横浜国立大学で実施しました。当社は食品物流についての講義を担当し、食べ物が生活者に届くまで、物流事業者の果たしている役割について説明しました。小売業や外食産業の物流センターをビデオで紹介したり、冷蔵倉庫の機能を解説し、食品物流が社会に不可欠なインフラである事を理解していただくよう努めています。