ニチレイ CSRレポート2012 環境のために|中期目標と実績

環境のために

中期目標と実績

中期目標

グループ目標

ニチレイグループでは、グループ環境方針を策定し、3つの重点課題に取り組んでいます。

【地球温暖化防止】

グループ(国内)のエネルギー起源CO2排出量
2012年度  2009年度実績比3%削減
*国内の事業所および所有車両で使用するエネルギー
*購入電力由来のCO2算出係数は2009年度固定

『持続可能な資源循環の推進】

食品工場、物流センターから排出される廃棄物リサイクル率99%の達成・維持

このページの先頭へ戻る

2011年度の取り組み状況

課題1:【地球温暖化防止】

気候変動の影響を大きく受ける“食”に関わる企業グループとして工場や物流センターなどの事業所から直接排出されるCO2の削減に取り組むとともに、事業内容とのかかわりを考えながら各事業会社が重点課題を設定し、サプライチェーン全体でのCO2削減に取り組んでいます。

2011年度のグループCO2総排出量は2009年度比で0.5%の増加となり、2%削減を達成することはできませんでした。各事業所における従来の削減活動に加え、夏季の節電への取り組みがCO2削減に寄与しましたが、事業所の新設、自家発電燃料の使用、生産量の増加などによるCO2増加がこれを上回りました。また、従業員の家庭における節電活動を促進するキャンペーンを実施しました。

2012年度は、さらなる電力供給の逼迫も予想されることから、運転管理のさらなる見直しと徹底、省エネ対応設備の導入、夏季のピークカット対応などに取り組んでいきます。

主な活動

グループCO2総排出量の推移

このページの先頭へ戻る

課題2:【持続可能な資源循環の推進】

主な活動事例

地球上の資源を継続的に利用していくために、サプライチェーン全体での廃棄物の発生抑制、再利用、再資源化に取り組んでいます。また、“食”とかかわる企業グループとして地球からの恵みである生物資源を効率的に無駄なく使うこと、使い切ることができなかったものも飼料や肥料などに再利用し循環させていくことにも注力しています。

各事業会社が、排出量削減及びリサイクル率の向上を進めたことにより、2011年度の事業所外排出量は35,600トンとなり、リサイクル率は99.6%となりました。現在、最終処分されている廃棄物には、紙くずなど地域によって事業系一般廃棄物の処理場が単純焼却している場合や、種類や量などによってリサイクル先が見つからない場合などありますが、発生の抑制も含めさらなる削減に取り組んでいきます。

このページの先頭へ戻る

課題3:【自然との共生】

主な活動事例

ニチレイグループの事業は、豊かな地球からの恵みによって成り立っており、これは自然界の多様な生態系や生物種などによって維持されています。これまでも左記の課題対応のほか、自然保護活動団体支援など自然との共生に努めてきました。

ニチレイグループとしてその重要性を再認識し、さらに取り組みを強化していくため、2010年度にグループ生物多様性方針を策定しました。

このページの先頭へ戻る

マテリアルバランス

このページの先頭へ戻る

2011年度実績集計対象事業所

下記各社の食品工場、物流センターなどを集計対象としている。事業所が複数ある場合は( )内に数を記載

ニチレイフーズ

(株)ニチレイフーズ(7)、千葉畜産工業(株)、(株)ニチレイ・アイス(4)、(株)中冷、 (株)キューレイ、(株)フクミツ、ベジポート有限責任事業組合

ニチレイフレッシュ

(株)まるいち加工(2)、(株)ニチレイフレッシュプロセス(2)、
(株)ニチレイフレッシュファーム、(株)ヒラヤマ(2)

ニチレイロジグループ

(株)ロジスティクス・ネットワーク(28)、(株)NKトランス(2)、
(株)ニチレイ・ロジスティクス北海道(5)、(株)ニチレイ・ロジスティクス東北(3)、
(株)ニチレイ・ロジスティクス関東(11)、(株)ニチレイ・ロジスティクス東海(9)、
(株)ニチレイ・ロジスティクス関西(13)、(株)ニチレイ・ロジスティクス中国(7)、
(株)ニチレイ・ロジスティクス四国(7)、(株)ニチレイ・ロジスティクス九州(14)、
(株)キョクレイ(4)

ニチレイバイオサイエンス

開発センター

その他

(株)ニューハウジング

  • *エネルギー使用量、CO2排出量については、上記以外の本社や支店などのオフィスの活動、自社所有トラックによるものを含む。
  • *海外事業所は含まない。