ニチレイ CSRレポート2011 社会のために|方針と取り組み

社会のために

方針と取り組み

社会貢献基本方針

わたしたちニチレイグループは、企業市民として広く社会から信頼される企業でありたいと考えます。

わたしたちは、素材を見きわめ、おいしさと健康を創り出し、安全で効率的な物流を通じて社会に貢献します。さらに、事業活動以外の分野においても自らの誠意と共感と使命感に基づき、社会貢献活動を行います。

わたしたちは、この考え方に基づき、食や物流に関する教育、地域貢献、環境保護、災害支援、スポーツ支援を中心に、積極的な社会貢献活動に取り組みます。

このページの先頭へ戻る

2010年度の活動と今後の取り組み

2010年度の活動

【新規】

食育活動 アウトオブキッザニア 農業体験を実施
ニチレイフーズ山形工場で過疎地の小学校へ食育出前授業の実施
支援活動 京論壇への支援(東京大学と北京大学の国際討論)

【継続】

物流に関する教育 (株)ロジスティクス・ネットワーク 杉戸物流センター、(株)ニチレイ・ロジスティクス北海道 小樽物流センタ−他、各地の物流センターにて小中学生の社会科見学受け入れ。
支援活動 ユネスコ世界寺子屋運動によりインドに寺子屋を3校建設

今後の取り組み

企業市民として、事業特性を活かした「食や物流に関する教育」、「地域社会と結びついた環境活動」といったニチレイグループらしい社会貢献活動を継続し、モニタリングと活動の共有を推進する。