ニチレイ CSRレポート2011 環境のために|水域・大気への排出抑制

環境のために

水域・大気への排出抑制

水域への排出抑制

食品工場で使用した水は、食品系の有機物や洗浄剤、殺菌剤などを含んだ排水となります。ニチレイグループでは、工場排水を処理設備で浄化し、法令で定められた排出基準を遵守した上で工場外に排出しています。

このページの先頭へ戻る

大気への排出抑制

食品工場では、ボイラーなどで重油やガスを燃焼する際にNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)が発生します。工場では、適正な設備管理により、法令で定められた排出基準を遵守し、総排出量削減を図っています。

ニチレイロジグループでは、輸配送については、鉄道やフェリーを活用したモーダルシフトや共同配送などの物流効率化を推進。使用する車両については、排ガス規制適合車両への切り替え、適正な車両整備、エコドライブの推進などを行うことで、NOxやPM(粒子状物質)の排出低減を進めています。