ニチレイ CSRレポート2011 環境のために|環境社内教育

環境のために

環境社内教育

環境問題に関する教育や啓発活動を通じて、従業員一人ひとりの意識向上を図るため、社内の取り組みに関する報告・説明や教育・研修などを通じた環境関連の情報・知識の習得、および従業員の環境社会貢献活動への参加、支援を、グループ全体や事業会社ごとに実施しています。

CSRレポート説明会

説明会の様子

説明会の様子

2010年度のCSRレポート説明会には、本社、支社を中心に技術開発センターなども含め893名の従業員が参加しました。生物多様性に関連した内容を中心に、当社グループの環境方針や活動事例紹介を盛り込みながら、従業員一人ひとりが、何ができるかについて考えました。

このページの先頭へ戻る

エコロジー委員会活動報告会の開催(開発センター)

ニチレイバイオサイエンスでは、環境に関する方針、目標および活動の成果を従業員へ適切に報告することは、環境保全活動を推進していくための重要な要件であると考え、エコロジー委員会を中心としてさまざまな取り組みを行っています。その一つに、定期的に開催している「エコロジー委員会の活動報告会」があります。この報告会は、開発センターの環境保全活動の成果および課題を共有する場として活用しています。

また、2007年より環境保全の推進活動の一環として、従業員からの省エネに関する提案を幅広く受け入れるために「省エネ提案制度」を導入し、省エネへの参画意識の向上に努めています。2010年には業務時間中に環境保全の小集団活動を実施したところ、活発な意見交換が行われ62件もの提案がありました。

当社では、従業員一人ひとりの主体的な活動を重視しています。今後も組織の重要な機能として位置付け、環境保全活動を通じて、職場環境の改善にも努めていきます。

このページの先頭へ戻る

環境展示会

本社ビルに展示した折り紙

本社ビルに展示した折り紙

ニチレイ本社では、2010年10月に「環境展示会」を開催しました。昨年度に引き続き2回目の本展示会では、生物多様性をテーマにワークショップやパネル展示を行いました。その中で、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に関連し、「COP10折り紙プロジェクト」に参加しました。従業員やその家族が、折り紙で動物等を折りながら生物多様性について考えるというものです。できあがった作品は、ニチレイ本社ビルのロビーに展示しました。

また、(株)ニューハウジング・ニチレイガーデン事業所が参加している「アツモリソウ再生プロジェクト」について、ニチレイCSR本部が講演会を行いました。

このページの先頭へ戻る

環境e-ラーニングの実施

ニチレイグループでは、2009年度より全従業員を対象とした環境eラーニングを実施しています。地球温暖化防止や生物多様性などの身近な問題を中心に出題し、2010年度は2回合計で3,368名が受講しました。

このページの先頭へ戻る

eco検定の合格推進

ニチレイフーズでは、東京商工会議所が認定する環境社会検定試験(eco検定)の合格者に奨励金を支給しています。従業員が自己の能力を高めようとする風土を醸成することと、職場内に環境意識の高いリーダーを育成することを目的としています。