方針と取り組み

方針と取り組み

品質保証に関する基本方針

  • 1. 食品衛生法、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律等の食品関連法令、その他事業関連法令により要求される事項を遵守すること。
  • 2. グループ品質管理規程で定める品質保証に関する要求事項を、グループ全体で遵守するとともに、製造委託先に対しても遵守させること。
  • 3. 食品の安全・安心に対する生活者・取引先の要求事項を確実に把握し、グループ全体の品質保証力を継続的に高めること。

ページトップへ戻る

2013年度の活動と今後の取り組み

2013年度の活動

ニチレイフーズ

・グローバル基準を念頭においた新工場(船橋第二工場)の建設、稼働開始。

・自営・投資工場におけるフードディフェンスの見直し・強化

ニチレイフレッシュ

・水産加工品製造子会社(㈱フレッシュまるいち小名浜工場及び豊橋工場)において食品安全のグローバル基準であるFSSC22000を取得。

ニチレイ品質保証部

・グルーバル基準を念頭においた工場監査を実施

・グループ全体を対象に品質保証レベル向上のための教育の継続

今後の取り組み

「食の安全・信頼」という価値の提供を通じてステークホルダーのご要望にお応えし、さらに食の安全性を確保するために、従来のフードセーフティFood Safety(食品安全)のみならず、フードディフェンスFood Defense(食品防御)についても取組みを強化する。また、監査・指導の各機能を充実させることにより、グループ全体の品質保証・管理力のレベルアップを図る。

ページトップへ戻る