特集1:グローバルサプライチェーンとの協働

特集1 グローバルサプライチェーンとの協働 中国におけるニチレイグループの取り組み

近年、さまざまな国や地域の食材を調達し、世界中で販売することが一般的となっています。急激なグローバル化が進む中で、安全面に問題のない食品の提供、多様化するニーズにあわせた商品の提供など、顧客価値の向上を実現する商品・サービスを継続してお届けしていくためには、グローバルなモノの流れに関わる現地のパートナーとの協働が重要となっています。ニチレイグループは、ミッション・ビジョンを共感いただけるパートナーや地域社会との連携・協働を図りながら、サプライチェーン全体を通じて、より高い価値の創造を目指していきます。

錦築(煙台)食品研究開発有限公司の検査体制

錦築(きんちく)・煙台(えんたい)食品研究開発有限公司の検査体制

ニチレイグループは、専門の検査機関を中国に設置し、中国産の原材料や加工品について、ニチレイ基準に沿った検査を実施した上で輸入しています。同機関は、国際規格にもとづく試験所認定を取得し、高い検査品質を維持しています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

ニチレイフーズ

中国産冷凍野菜における取り組み

中国産冷凍野菜における取り組み

安全・安心な食品をお届けするため、ニチレイフーズでは、一貫した品質管理体制を構築しています。自社基準を設けて、栽培環境や農薬の使用を適正に管理するほか、各段階で検査を実施。製品ごとのトレースバックシステムを確立し、信頼を確保しています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

ニチレイフレッシュ

うなぎ蒲焼サプライヤー 遠宏集団との取り組み

うなぎ蒲焼サプライヤー遠宏(えんこう)集団との取り組み

ニチレイフレッシュが、中国の遠宏集団と共に開発した「うなぎ蒲焼『白亜の殿堂』」。良質な水に恵まれた自社養殖場で、高品質の配合飼料を使用して稚魚から育てたうなぎを、自社工場で加工しています。稚魚養殖から加工までの一貫管理体制を確立し、「安全・安心」と「おいしさ」を徹底的に追求しています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

ニチレイロジグループ

上海市や華東地区における低温物流事業の拡大

低温物流事業の拡大

ニチレイロジグループは、2004年から上海を拠点に物流事業を展開しています。現在は、冷凍・冷蔵・常温の三温度帯をカバーし、上海など華東地域をはじめ、主要各都市への幹線輸送を実現。高精度の温度管理、物流品質管理に、高い評価を獲得しています。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る