ニチレイ CSRレポート2011 環境のために|オフィスにおけるCO2削減

環境のために

オフィスにおけるCO2削減

グリーン電力によるオフセット(NXフォーラム、こだわりセミナー)

工場や冷蔵倉庫などでの太陽光発電設備の導入に加え、「グリーン電力証書」※を購入しています。

ニチレイでは、2007年1月より年間100万kWhのバイオマス発電を委託し、本CSRレポートの印刷・製本にかかる電力(683kWh)相当分をこの一部でまかなっています。2010年度に開催したニチレイフーズ「NXフォーラム2010」では、全国8会場で使用した電力(約17,000kWh)相当分を、グリーン電力の一部でまかないました。

また、ニチレイフレッシュでは、「こだわりセミナー」の会場で使用した電力(大阪会場:約2,000kWh、東京会場:約4,000kWh)相当分について、バイオマス発電によるグリーン電力証書を購入しました。

グリーン電力によるオフセット

  • ※「グリーン電力証書システム」:自然エネルギーによって発電された電力が持つCO2排出削減などの環境付加価値を、「グリーン電力証書」という形で具体化し取引することで、発電所から遠い場所でも自然エネルギーによる電力を使用(オフセット)したとみなす仕組み。

このページの先頭へ戻る

オフィスの取り組み

 

ニチレイグループでは、2010年2月より、使用している一部のパソコンについて省エネモードを一律設定し10%程度パソコンの電力量を削減しました。2010年12月からは、順次その範囲を広げ、グループ全体で使用しているパソコンの約10%が省エネモードに設定されています。
テレビ会議システムを利用する事業所の拡大や、技術開発センターに電気自動車を導入するなど、オフィスのCO2削減を推進しています。

 

電気自動車
電気自動車

このページの先頭へ戻る

ボイラーの停止とエコキュートへの買い替え

ニチレイバイオサイエンス開発センターでは、省エネ型設備への切り替えを進めています。従来、ガス式の給湯器を利用して全館にお湯を供給していましたが、設置から25年間以上経過し、経年劣化による給湯器内および配管内からの赤さびが懸念され、故障時の交換部品もない状態でありました。そこで、熱交換率も高く環境負荷の少ない自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)を導入。これにより、CO2排出量の60%削減(4.7t- CO2/年→1.8t- CO2/年)を見込んでいます。

また、さらなる削減を目指し、老朽化した空調機を最新の省エネ型に切り替えるための計画的な設備投資も行っています。