ニチレイ CSRレポート2011 環境のために|環境マネジメント

環境のために

環境マネジメント

環境マネジメント体制

多岐にわたる分野の事業会社で構成されるニチレイグループは、各社の事業活動により環境負荷の特性が異なることから、事業会社ごとに「環境保全委員会」を設置し、各社の事業特性に応じた環境対策の立案、実効性の高い環境活動を推進しています。各社の取り組みは、年に3回開催される「グループ環境保全委員会」において報告され、取り組みの内容・進捗に応じてグループ全体の環境保全に関する政策・方針を策定しています。

環境マネジメント体制

このページの先頭へ戻る

ISO14001などの認証取得

ニチレイグループは、食品工場におけるISO14001認証の取得を優先しています。
ニチレイフーズでは直営・子会社11工場での認証を取得しました。
ニチレイロジグループでは、(株)キョクレイ本社・大黒・山下・厚木・中井の各物流センターで倉庫業におけるグリーン経営認証を取得しています。

このページの先頭へ戻る

環境監査

ニチレイグループでは、ニチレイの経営監査部が行う監査において、組織運営、業務処理などの事項とともに、環境法規の遵守や環境保全上の重要事項に対するグループ経営監査も実施しています。

また、ISO14001認証取得事業所では、これに加えて内部環境監査および社外審査登録機関による年1回の外部審査を実施しています。

環境監査

このページの先頭へ戻る

環境会計

ニチレイグループは、環境保全活動に要したコスト、および環境保全上の効果を定量的に把握するために、2000年度から環境会計を導入しています。食品工場、物流センターにおける環境保全コスト、およびISO14001認証取得事業所における環境保全対策に伴う経済効果の把握を行っています。

このページの先頭へ戻る

環境事故、法規違反の状況

2010年度は、環境に重大な影響を与える環境事故、法規違反はありませんでした。