ニチレイ CSRレポート2010 食の安心安全|グループの品質保証

食の安全・安心

グループの品質保証

品質保証体制

ニチレイグループでは、グループ品質保証基本方針および品質管理規程に沿って、各事業会社の事業内容に応じた品質保証活動を行っています。各社の活動は、グループおよび各事業会社の品質保証委員会が経営視点から審査し、お客様の声を共有化して、品質保証体制の継続的な改善に努めています。

このページの先頭へ戻る

モニタリング体制

ニチレイブランドの品質保証水準をグループ全体で維持・向上させ、お客様からの信頼にお応えするために「ブランド審査制度」を設けています。ニチレイブランドを付けて各事業会社が販売する商品は、ニチレイ品質保証部がブランドポリシーの観点から工場審査と商品審査を行い、その審査に合格した商品だけが販売できる仕組みになっています。各事業会社は、審査結果を商品の品質維持・向上に役立てるだけでなく、品質管理体制の改善にも活かしています。

ブランドを付与された商品であっても、ニチレイブランドに値する商品であるかを確認するために、工場監査と製品監査検査を行っています。重大な品質事故が発生した場合は、緊急監査として原因究明、再発防止の目的で生産工場への指導を行います。

また、グループの検査・分析部門である食品安全センターが、食品の検査分析技術をベースに、グループの食品安全の確保に努めています。食品安全センターは、グループ視点の監査機能、サービス提供機能と、大きく2つの業務を担っており、監査機能としては、商品審査の際の検査、ブランド商品生産継続のための製品監査検査を実施しています。サービス提供機能として、各事業会社からの依頼検査や、さまざまな技術支援を行っています。

「モニタリング体制」

「モニタリング体制」

このページの先頭へ戻る

国際認証規格の取得

国際認証規格の取得

ニチレイグループの検査・分析部門である食品安全センターは、2009年9月、ISO17025(試験所認定規格)を取得しました。これは試験所または校正機関が試験・校正を行うにあたり、その能力を認定するための一般要求事項を規定した国際規格です。

認定範囲の微生物検査(大腸菌群)は、食品衛生法において冷凍食品の規格基準に設定され、輸入食品に対する行政検査でも重要視されています。

今回の認定により、試験所としての品質マネジメントが適切であることに加え、試験の技術水準が国際レベルにあることを認められたことになります。検査機関として最も重視されるデータの信頼性に公的な評価を確保し、今後とも正確・迅速な検査の実施に努めていきます。