販売店舗・お客様に関わる領域での取り組み

売り上げの一部で森林保全活動を支援

ニチレイは、CSR活動の一環として、森林保全活動を支援しています。

ニチレイフーズは、商品の原料となる地球の恵みに感謝し、森を守り育てるプログラム「お弁当にGood!森にGood!」を始めました。2014年3月より「お弁当にGood!」シリーズの売り上げの一部をクレジット購入にあてています。

ニチレイフーズ「お弁当にGood!森にGood!」プログラム

ページトップへ戻る

インドネシアにマングローブ林を広げる活動

ニチレイフレッシュでは、食と健康の源である地球の恵みを守りながら、持続的な調達・供給を行っていくために、調達活動を通じた環境負荷の低減に取り組んでいます。

えびの調達販売を通じて、インドネシアにマングローブ林を広げる活動を行っています。

関連するその他の活動

ページトップへ戻る

マイはしエコ運動

ニチレイフーズ各支社では、展示会などで、使い捨ての割りばしから持ち帰り可能な「マイはし」に替えようという「マイはしエコ運動」を継続して実施しています。

ページトップへ戻る

容器・包装の見直しで社会全体の廃棄物削減に貢献

ニチレイグループは、事業所での取り組み以外にも、商品分野における資源の有効活用を推進しています。

容器包装の削減

フィルム包装に超音波シール方式を
採用

製品のフィルム包装のシールには従来ヒーターを使ったヒートシール方式が使われています。ニチレイフーズ船橋第二工場で採用した包装機には「超音波シール方式」を使用し、シール面の幅を小さくしました。これにより、包装フィルム材の使用量は4%削減でき、年間では2.3トンのフィルム材を削減することができます。