食品の安全・信頼に関する課題

食品の安全性を脅かす様々な問題について

食品衛生上の危害要因と言われている主な原因物質に対するニチレイの取り組みです。
これら以外にも、ニチレイが製造・販売する商品を安心して食べていただけるように、商品が原因となった健康被害の発生が起きないようさまざまな安全管理体制を講じています。

1 有害微生物

私達は食品の安全性を脅かす細菌やウイルスは制御しなければならないと考えています。これらは目に見えない程小さく、サルモネラ属菌や黄色ブドウ球菌などの食中毒菌、ノロウイルスなどのウイルス、腸管出血性大腸菌やコレラなど感染症に分類されるものなど多くの種類があります。これらは原材料やヒトによって持ち込まれ、食品中に増殖することで様々な問題を引き起こすのです。
ニチレイグループでは、これらの有害微生物の制御は食品衛生上優先すべき課題であると認識し、『食品の有害微生物をつけない』、『有害微生物を増やさない』、『有害微生物をやっつける』という食品衛生の3原則を守ると同時に、『有害微生物を持ち込まない』を追加し、常に4つの原則を守って、食品を有害微生物に汚染させないように努力しています。
生産環境調査、中間製品の微生物検査、最終製品の微生物検査などの検証を行い、HACCPによる衛生管理をより確かなものにしています。

2 残留農薬

農薬には作物の生育を邪魔する雑草を除去するための除草剤、作物を病気から守るための除菌剤、作物を害虫から守るための殺虫剤など用途に応じた多くの役割があります。また、食品安全委員会により、安全性への検証が行われ、厚生労働省によって残留基準が設けられています。
ニチレイグループでは、ほうれんそう(冷凍)で、ほうれんそう(生鮮)の残留農薬基準を超過してしまったことから学び、以下の取り組みを指導しています。農産物の栽培で使用した農薬の履歴を残し、収穫前と最終製品で残留農薬分析を実施し、基準に合格したもののみを取り扱ってお届けします。
ニチレイフーズが扱っている冷凍野菜では、これらの残留農薬の管理だけでなく、商品に記載しているトレースコードより産地や収穫時期まで調査出来る仕組みを導入しています。

3 残留動物用医薬品

動物用医薬品は、必要に応じて用いられ、畜産物や水産物の病気の治療や予防など、多くの役割があります。また、食品安全委員会により、安全性の検証が行われ、厚生労働省によって残留基準が設けられています。
ニチレイグループでは、水畜産物には以下の取り組みを指導しています。畜産物の飼育や水産物の養殖で使用した動物用医薬品の履歴を残し、出荷前に残留動物用医薬品の分析を実施し、基準を満たして合格した畜産物や水産物だけをお届けします。

4 食品添加物

食品に使用することが出来る食品添加物は登録されたうえ、成分基準や使用基準などが法令で定められています。
ニチレイグループでは、食品の品質を安定的に保持するために必要であると判断した食品添加物は使用可としています。使用時には、成分基準を満たしたものであることを確認し、使用基準を適正に守っています。
ニチレイフーズが販売している『お弁当にGood!』シリーズでは『着色料、保存料、化学調味料』は製造工程では使用しないようにしています。

5 食物アレルギー

現在日本では、食物アレルギーを引き起こす食品は28種類設定されており、その内の7種類(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生)は発症事例数の多さや発症時の重篤度から食品表示法により表示するように義務化がなされています。
ニチレイグループでは、使用する原材料を調査し、製造工程中での意図しない混入の可能性も調査したうえで、食品表示法にしたがい食物アレルギー物質の表示をしています。特にニチレイフーズが扱っている家庭用調理冷凍食品では含有する食物アレルギー物質を一覧で確認できるような工夫をしています。

6 放射性物質を含む食品

福島第一原子力発電所事故の発生により食品が放射性物質に汚染される事への不安が広がりました。厚生労働省は2012年4月1日より食品群に応じた放射性物質の基準を制定し、運用を開始しました。
ニチレイグループでは、必要に応じて取り扱う商品およびその原材料を対象に、NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータによる放射性物質のモニタリングを実施しています。