世界にまだない“おいしい
研究開発部 分子診断薬開発グループ

大原 平

2017年入社
農学研究科
生物産業創成科学専攻
個人情報保護の観点から仮名を使用している社員もいます。
また掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。
現在の仕事内容

病院でがんなどの病気を診断する際に使用する検査試薬の研究開発を担当しています。がんを診断するためにはCTやX線などの画像検査や血液検査のほかに、病変部の一部を切除し組織や細胞の形態観察を行う病理検査を行います。私が開発を担当している検査試薬は病理検査の際に使用され、がんの遺伝子変異や発現しているタンパク質の種類を知り、適切にがんを分類するために使われます。これらの検査結果をもとに、それぞれの患者さんに対して適切な治療方法が決定されます。

先輩社員Q&A

就職活動について

インタビュー中の様子
Q1
どのような基準で受ける会社を選んでいましたか?

研究開発職を希望しており、研究開発の成果を形にして世の中に出せる研究開発型のメーカーであることを基準に会社を選びました。その中でも、研究開発の成果を人々の健康や医療分野で役立てることができる企業を中心に会社を選びました。

Q2
最終的に、この会社に決めた理由はなんですか?どんなところが合っていたり、興味を持てたところでしょうか?

「病気を見つけ出して治療の方向性を決める」という医薬品とは異なったアプローチで健康に貢献できる診断薬の研究開発に魅力を感じました。病理診断の分野は、近年新しい技術がたくさん生まれているホットな領域です。自分もこの分野の研究に挑戦し、医療技術の発展に貢献したいと感じました。

Q3
選考の中で、特に印象に残っていることはありますか?

通常、選考の場であまり笑いは起きないと思うのですが、会社説明会でも面接中でも常に自然と笑いが起きていたのが印象的でした。 それだけ社員の方々がのびのびと仕事ができる環境なのだなと感じました。

これまでのキャリアについて

インタビュー中の様子
Q1
現在まで、どんなキャリアを積んでこられましたか?

入社以来、研究開発部に所属し抗体製品の研究開発に携わっています。

Q2
これまでのキャリアで、どんなことを学んできましたか?

大学での研究では経験できなかった「ものづくり」のための研究開発を経験しました。ものづくりのための研究開発では、研究の成果が最終的にどのような形になっていて、お客様がどのように使っていらっしゃるかまでイメージできていないといけません。また、そこにたどり着くまでの様々な課題をクリアし、製造方法の確立までを考える必要があります。
これらの課題一つ一つを他部署の方と関わりながら解決していくため、チームワークと根気強さが必要だと実感しました。

現在の仕事について

インタビュー中の様子
Q1
現在の業務のやりがいはどんなところだと感じていますか?

製品の研究開発業務ではテーマ立案時に設定された品質目標をクリアするため、様々なアプローチ方法で課題を解決していきます。この課題を解決するために、時には文献を読んで新しいことを学び、試行錯誤を繰り返しながら少しずつ前進していきます。こうした過程を経て製品が出来上がり、お客様のもとに届けられるようになったときにやりがいを感じます。

Q2
最も印象にのこっているエピソードを教えてください。

現在の研究開発の業務では、開発した製品を使っていただけるお客様と接する機会はほとんどありませんでした。そんな中、情報収集のために参加する予定の学会に、企業展示ブースを設置し開発に携わった製品を展示することが決まりました。開発に携わった製品の説明を聞くお客様を見たとき、開発した製品がお客様の役に立っていることを実感すると同時に、自分が出すデータへの責任の重さも感じました。

Q3
将来的には、どんな仕事にチャレンジしたいと思いますか?

医療のあり方を変るような新しい技術の開発にチャレンジしたいと思っています。近年では、人口の変化や医療費の問題から「個別化医療」や「予防医療」など新たな医療技術が生まれ、病理診断のあり方も変化しつつあります。将来的には、このような医療の変化の支えとなるような、新しい診断技術の開発にチャレンジしていきたいと考えています。

仕事中の様子

MESSAGE 就職活動中の学生さんへ一言

就職活動の時ほど「本当に自分のやりたいことは何なのか」を真剣に考える機会はないと思います。就職活動ではなかなか自分の思い通りにいかずに苦労することもあると思いますが、最後までしっかりと自分と向き合ってみてください。

SCHEDULE とある1日のスケジュール

  • 起床

  • 出勤

  • 出社

  • 実験開始

  • 社食で昼食

  • グループ内ミーティングで進捗報告

  • 実験の続き

  • 実験のデータまとめ

  • 明日の実験準備

  • 退社

  • 帰宅

  • 就寝