世界にまだない“おいしい
海外事業推進部

松森 勇斗

2014年入社
経済学部
国際経済学科
個人情報保護の観点から仮名を使用している社員もいます。
また掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。
現在の仕事内容

海外各社の業績管理/報告、海外から御来日される方のアテンド、資料の作成/英訳、セミナー等に参加し各国の情報収集等をしています。各国で事業運営を行う駐在員の皆様をサポートすることが重要な役割であり海外出張もあります。

先輩社員Q&A

就職活動について

インタビュー中の様子
Q1
どのような基準で受ける会社を選んでいましたか?

会社説明会は業界を限定せず、将来も必要とされる商品・サービスを提供している会社を選び幅広く参加しました。様々な企業の話を聞き、興味を持った企業を自分で更に調べて応募するというように就職活動を進めました。

Q2
最終的に、この会社に決めた理由はなんですか?どんなところが合っていたり、興味を持てたところでしょうか?

挑戦することを評価して頂ける社風です。失敗したらどうしようと…と考えてしまう心配性な私でも、挑戦を後押しして頂けるような風土があることに魅力を感じました。

Q3
選考の中で、特に印象に残っていることはありますか?

説明会や面接を通じて、あらゆる世代の先輩社員と話をする機会がありました。面接の待ち時間にも話し掛けて頂き緊張をほぐして頂いたことが印象に残っています。

これまでのキャリアについて

インタビュー中の様子
Q1
現在まで、どんなキャリアを積んでこられましたか?

入社して2カ月の研修を終えた後に、名古屋の白鳥DCに配属されました。
そこで約4年間食品メーカーのお客様の担当をさせて頂き、日々の受発注業務や請求業務、また倉庫作業や配送を担う協力会社様との調整を行ってきました。その後海外事業推進部(現部署)に異動しました。

Q2
これまでのキャリアで、どんなことを学んできましたか?

基本的なPCスキル、冷蔵倉庫業の基礎知識は勿論ですが関わるお客様の物流事情を学んできました。コストも重要ですが品質をより大切に考えるようになりました。また日々の業務を通じて、様々な商品の流れ(どこから原料が調達され、その後商品がどのような売先に流通するか)も学べました。

現在の仕事について

インタビュー中の様子
Q1
現在の業務のやりがいはどんなところだと感じていますか?

日々新しいことを学べることです。
先輩方が進める投資案件等の打ち合わせに出ても資料を見ても、初めは知識が無く理解できなかったことが段々と理解できるようになってきました。また現在の部署では海外赴任を経験されている方も多く皆様の話を聞くことが日々刺激となります。

Q2
最も印象にのこっているエピソードを教えてください。

新たに出資したマレーシアの会社にて約2か月間、作業プロセスの整理をチームで取り組んだことです。
作業工程の見直しをする際に長年ニチレイグループが培ってきたノウハウを活かせることが現地でも沢山あり、多くのことを学べました。現地社員の方と親交を深めた良い思い出がある一方で、駐在員の皆様と新たな体制を整えていく大変さも印象に残っています。

Q3
将来的には、どんな仕事にチャレンジしたいと思いますか?

海外赴任をして現地会社で小さなことからでも意思決定に関わっていきたいです。文化が異なる環境では、仕事面・生活面で自分が考えているよりも大変なことが多くあるかもしれませんが、それでもチャレンジしてみたいと思います。

仕事中の様子

MESSAGE 就職活動中の学生さんへ一言

就職活動はご自身のやりたいこと,目指す姿を考える良い機会だと考えます。迷ったときは家族や友人の意見も参考になると思います。体調管理に気を付けて頑張ってください。

SCHEDULE とある1日のスケジュール

  • 起床

  • 出勤

  • 出社

  • 部内ミーティング

  • 昼食

  • 打ち合わせ

  • 資料、レポート作成

  • メール返信

  • 退社

  • 帰宅

  • 夕食

  • 就寝