ニチレイから、いま伝えたい食にまつわる
よもやま話が集まって、ひとつの「こおらす」奏でます

氷と暮らしの物語

ニチレイはそのルーツに製氷会社をもち、創業以来「冷力」を事業の中心に据えてきました。
「氷」と「冷凍」のエキスパートとして、今もさまざまな事業を行っています。
今では当たり前となった「冷やす」ことも、冷蔵庫もエアコンもない頃はとても困難なものでした。
氷と暮らしの歴史を見ていきましょう。
  • 1853年 ペリー来航
  • 1854年 日米和親条約
  • 1858年 日米修好通商条約
  • 1859年 横浜・長崎・箱館(函館)が国際貿易港として開港
  • 1868年 (明治元年)
    [1]氷業のはじまり
  • 1877年 第一回内国勧業博覧会開催(上野)
    [2]西の氷王・山田啓助
    [3]機械製氷のはじまり
    [4]機械製氷の時代が到来
  • 1984年 日清戦争開戦
  • 1903年 第五回内国勧業博覧会開催(大阪)
  • 1904年 日露戦争開戦
  • 1912年 (大正元年)
    [5]日本の製氷王、和合英太郎
  • 1923年 関東大震災
  • 1926年 (昭和元年)
    [6]帝国冷蔵設立
  • 1941年 太平洋戦争開戦
    [7]コールドチェーンの誕生
  • 1945年 太平洋戦争終戦
関連記事