STOP!食中毒講座 第2回ノロウイルス編|ニチレイ[こおらす]

ニチレイから、いま伝えたい食にまつわる
よもやま話が集まって、ひとつの「こおらす」奏でます

冷凍食品工場の衛生管理ワザを家庭にも STOP!食中毒講座

毎日の家庭の食事の中にも、実は、食中毒のリスクが潜んでいます。
食品工場の衛生管理も含めた品質管理を経験してきたニチレイフーズ 国内品質管理グループの田中修一郎が、その知識と経験を生かして、家庭での食中毒予防ポイントをアドバイスします。

<第2回> STOP!ノロウイルス

子どもの幼稚園のお友だちが、昨日の帰りに急に吐いちゃって。病院に連れていったら、ノロウイルスの食中毒だったんですって!
寒い時期でも食中毒ってあるのね。うちも気をつけなくちゃいけないかしら?

子どもの幼稚園のお友だちが、昨日の帰りに急に吐いちゃって。病院に連れていったら、ノロウイルスの食中毒だったんですって!
寒い時期でも食中毒ってあるのね。うちも気をつけなくちゃいけないかしら?

そうですね。実はノロウイルスによる食中毒は、11月~3月の冬期に非常に多くて、年間の患者数では食中毒全体の5割を超えているんですよ。
まずは、ノロウイルスの特徴から説明しましょう

そうですね。実はノロウイルスによる食中毒は、11月~3月の冬期に非常に多くて、年間の患者数では食中毒全体の5割を超えているんですよ。
まずは、ノロウイルスの特徴から説明しましょう

他の食中毒菌とここが違う ノロウイルスの特徴

少ない菌でも発症

ノロウイルスは、他の大部分の食中毒菌と比べて、非常に少ない菌数でも発症します。他の食中毒菌は食品中で増殖し、それを食べたことによって発症することがほとんどなので、増やさないように食品の温度管理をしっかりすることで大部分は防げます。
しかしノロウイルスは食品などの中では増えず、人の腸内に入ったときに一気に増えます。そのため、食べ物だけでなく、服やタオル、ドアノブなどに付着していたごく少数の菌が口に入っただけでも発症することがあります。

乾燥に強い

ほとんどの食中毒菌は、乾燥させれば死滅もしくは失活します。しかし、ノロウイルスは乾燥が大好き。逆に、湿度の高い環境ではおとなしくなります(死滅はしません)。
そのため、ノロウイルス患者の嘔吐(おうと)物などが時間 が経って乾燥したときにも、要注意。乾燥した嘔吐物が目に見えないチリ状態になって空気中に浮遊し、その中にいるノロウイルスを吸い込むことによって発症することがあります。嘔吐物などを適切に処理することが、感染を広げないために重要です。

アルコールでは死滅させる事ができない

ほとんどの食中毒菌は、アルコール殺菌で死滅します。食中毒予防に、手洗いの後にアルコール噴霧を習慣にしているご家庭もあるでしょう。しかし、ノロウイルスにはアルコールは効きません!
「アルコール殺菌したから」と安心するのは、冬場は逆に危険。ノロウイルスに殺菌効果があるのは、次亜塩素酸ナトリウム(市販の塩素系漂白剤などに含まれている成分)です。しかし、次亜塩素酸ナトリウムはアルコールのように溶液を噴霧するのには向きません。ノロウイルスの予防については、殺菌よりも手洗いをしっかりして「洗い流す」ことを重視しましょう。

ノロウイルスってやっかいねー。防ぐためには、どうしたらいいの?

ノロウイルスってやっかいねー。防ぐためには、どうしたらいいの?

食品工場では、とにかく工場内に持ち込ませないための対策を徹底しています。家庭での予防の方法は、主に次の3つです。

食品工場では、とにかく工場内に持ち込ませないための対策を徹底しています。家庭での予防の方法は、主に次の3つです。

ページトップへ戻る

他の食中毒菌とここが違う ノロウイルスの特徴

洗い流す

手に付いたウイルスが口に入って感染するケースが多い、ノロウイルス。そこで、外出後やトイレ後、調理や食事の前などにしっかり石けんで手を洗うことが重要です(手洗いの方法はこちらも参考にしてください)。
石けんには殺菌効果はありませんが、手に付いた脂などの汚れを浮かせて洗い流す効果があるため、ウイルスも一緒に洗い流せます。

加熱して死滅させる

ノロウイルスは、しっかり加熱すれば死滅させることができます。
ただし、他の食中毒菌と比べると少し熱に強く、厚生労働省は、「ノロウイルスの汚染のおそれのある二枚貝などの食品の場合は、中心部が85℃~90℃で90秒以上の加熱」(※)を推奨しています。

※厚生労働省ホームページ「ノロウイルスQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

薬剤で死滅させる

ノロウイルスの殺菌に効果が確認されているのは、次亜塩素酸ナトリウムです。ノロウイルス患者の嘔吐(おうと)物や排泄物が付いた床や服、リネン類、食器などの殺菌には、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使用しましょう(市販の塩素系漂白剤を薄めてつくれます)。
ただし、この液で手などを消毒すると手荒れにつながり、荒れた部分にノロウイルスなどが入り込んで逆効果になることがありますので、避けましょう。

なるほど。3つの予防方法が大事なのね!

なるほど。3つの予防方法が大事なのね!

はい。ただし、ノロウイルスは完全に防ぐのは難しいと言われています。
特定の食品との関わりが深い他の食中毒と比べて、ノロウイルスは二次感染が多く、ノロウイルスによる食中毒の約7割は、感染ルートなど原因が不明です。
そのため、お子様が感染してしまったときなどに備えて、感染を広げない対処のポイントを覚えておくといいですよ。食品工場でも、常に万一に備えて消毒液などの準備をしています。

はい。ただし、ノロウイルスは完全に防ぐのは難しいと言われています。
特定の食品との関わりが深い他の食中毒と比べて、ノロウイルスは二次感染が多く、ノロウイルスによる食中毒の約7割は、感染ルートなど原因が不明です。
そのため、お子様が感染してしまったときなどに備えて、感染を広げない対処のポイントを覚えておくといいですよ。食品工場でも、常に万一に備えて消毒液などの準備をしています。

ページトップへ戻る

感染拡大を防ぐポイント

ノロウイルスに感染すると、約1~2日(24~48時間)で嘔吐や下痢、腹痛や微熱などの症状が出ます。軽い風邪のような症状のこともあります。ノロウイルスの流行期に嘔吐や下痢の症状があれば感染を疑い、家族などに感染を広げないために、以下のような対処を行いましょう。

嘔吐物などの処理ポイント

慌てない

床などに嘔吐した場合、つい慌てて拭き取ろうとしてしまいがち。
しかし、むやみに拭くと逆に菌を広げてしまったり、しぶきを吸い込んで感染してしまったりという危険があります。嘔吐物が乾燥するまで放っておいてはいけませんが、1時間程度なら問題ありませんので、まずは患者が吐いたものを喉に詰まらせていないかなどを確認(特にお子様や高齢者の場合は注意)し、その後、以下の準備をしっかり整えてから対処しましょう。

~必要な準備~
  • ・使い捨てのマスク・手袋、汚れてもいい服やエプロン(後で消毒)に着替える
     
    • ※適当なエプロンなどがない場合は、45リットルのゴミ袋に首と腕が出る穴を開けて使い捨てガウンにするという手も(被るときには窒息に注意)
  • ・ペーパータオル、消毒用の次亜塩素酸ナトリウム水溶液①②を準備

次亜塩素酸でしっかり殺菌

嘔吐物などの全体を覆うように、次亜塩素酸ナトリウム水溶液①に浸したペーパータオルを被せます。ここでも慌てず、しばらく(10分程度)置きます。これによって、嘔吐物中のノロウイルスがかなり殺菌されます。次亜塩素酸ナトリウム水溶液には嘔吐物などの消臭効果もあります。

その後、しぶきを立てないように静かに拭き取ります。
拭き取った嘔吐物、マスクや手袋などは、ビニール袋に入れて密閉して捨てます。その際に、次亜塩素酸ナトリウム水溶液①をビニール袋に注ぎ込んで殺菌するといいでしょう。

床や服、食器などの消毒ポイント

可能性のあるものは全部消毒

嘔吐物の飛沫は、かなり遠くまで飛び散っていることがあります。周囲の床や壁、ドアノブなどは、次亜塩素酸ナトリウム水溶液②で拭いて消毒します(※1)。

また、嘔吐物や排泄物の他、ノロウイルス患者の使った食器や衣服、タオルなどにもノロウイルスが付いている可能性があります。それらも、次亜塩素酸ナトリウム水溶液②に10分程度浸して消毒します(※2)。なお、食器や衣服、タオルなどは、ノロウイルス患者の使ったものは別にして、洗浄・消毒してください。

  • ※1 次亜塩素酸ナトリウムには金属腐食性があります。ドアノブなど金属の部分を次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒したときには、十分に薬剤を拭き取ってください。
  • ※2 衣類などは、次亜塩素酸ナトリウムによって変色することがあります。

高温殺菌も有効

ノロウイルスは高温での殺菌も有効です。85℃で1分以上の熱水での洗濯や、食器洗浄機での高温乾燥なども併用しましょう。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液のつくり方

殺菌消毒用の次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、市販の台所用や洗濯用の塩素系漂白剤(※3)を水で薄めてつくることができます。

  • ※3
  • ・「塩素系漂白剤」という表示のあるものを使用してください(「酸素系」は不可)。
  • ・現在市販されている台所用の塩素系漂白剤(泡で出るタイプのものは除く)は、次亜塩素酸ナトリウムの製造時濃度6%のものが多いようです。しかし製品ごとに違いがありますので、詳しくはメーカーなどにご確認ください。また、封を開けて時間の経ったものは、濃度が薄くなっていることがあります。
~次亜塩素酸ナトリウム濃度6%の
塩素系漂白剤を使用する場合~

■嘔吐物などの処理用
(次亜塩素酸ナトリウム水溶液①/1000ppm)
 
50ml(キャップ約2杯分)を水3リットルで薄める

■床、食器、衣服などの消毒用
(次亜塩素酸ナトリウム水溶液②/200ppm)
 
10ml(キャップ1/2杯弱)を水3リットルで薄める

  • ・塩素系漂白剤は、酸性の洗剤などと絶対に混ぜないでください(有毒ガスが発生します)。
  • ・ペットボトルなどに消毒溶液をつくる場合は、お子様などが誤って飲まないように注意してください。
  • ・嘔吐物などに塩素系漂白剤の原液を直接かけないでください(有毒ガスが発生することがあります)。

参考
厚生労働省ホームページ「ノロウイルスに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

ページトップへ戻る

田中修一郎
ニチレイフーズ
国内品質管理グループ
グループリーダー

ニチレイグループの食品工場の工場監査や品質保証の仕組みづくりを担当しています。

★STOP! ノロウイルスクイズ★

STOP! ノロウイルスクイズ 1

ノロウイルス予防はABどちらが正解?
A.石けんで爪の間や手首までしっかり洗う
B.石けんで軽く手を洗った上で、
アルコールを噴霧する

答えを見る

答えを見る

STOP! ノロウイルスクイズ 2

外出先でトイレを借りました。
気を付けることはABどちら?
A.トイレの個室のドアには、素手で触らない
B.手を洗った後は、出入り口のドアに素手で触らない

答えを見る

答えを見る

STOP! ノロウイルスクイズ 3

この冬、一家でノロウイルス食中毒にかかりました。もう今シーズンは大丈夫?
A.一度かかると免疫ができるので、同シーズンに2度は感染しない
B.同シーズン中でも複数回感染することがある

答えを見る

答えを見る

ページトップへ戻る

まとめ

この講座の内容を、わかりやすくpdfにまとめております。
ぜひ日常生活にお役立てください。

2017.10.18 改訂

ページトップへ戻る

関連記事