文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム

  • 品質保証体制

食品の安全・信頼
品質保証体制

ニチレイグループの品質保証体制

ニチレイグループでは、食品の安全性を確保するために、またお客様にご満足頂くために、商品開発からお客様対応の至る全ての工程で、様々なルールが必要であると考えています。

品質保証体制

ニチレイグループでは様々な特性を持った商品・サービスを扱っています。、上記の考え方に基づいて事業会社にて、取り扱っている商品・サービスの特性に応じた基準やルールを制定しています。
基準やルールの制定に当たっては、食品衛生上の危害要因と言われている生物学的危害、化学的危害、物理的危害の予防活動に重点を置いたHACCPシステムの考え方と品質管理マネジメントシステムを融合させることを基本としています。これがニチレイグループの考える食品安全の取り組みです。

食品安全の取り組みで予防することの出来ない『人間による意図的な異物混入』から食品を守ることを目的とした食品防御の取り組みと、健康被害をもたらす事件・事故が発生した際に迅速に的確な情報を発信するための危機管理の取り組みを付加することで、食品の安全性確保の精度を向上させ、リスクコミュニケーションの充実を図っています。

危害要因 ニチレイグループで設定している原因物質
生物学的危害 病原細菌、病原微生物、ウィルス、寄生虫、衛生害虫など
化学的危害 アレルギー物質、自然毒、食品添加物、薬品類など
物理的危害 硬質異物、軟質異物、食品由来不可食部など
HACCPシステム 1960年代に米国において宇宙生産のために開発された方法で、危害を分析し重要管理点を設定することにより、製造工程において危害の発生を予防することを目的とした食品生産における国際的な管理手法です。
品質管理マネジメントシステム 世界共通の規格を作っているThe international organization for standardization(国際標準化機構)による、製品・サービスの国際的な標準化を目的とした品質管理に関するマネジメントシステム規格のことです。
食品安全 ニチレイグループでは、HACCPシステムの考え方と品質管理マネジメントシステムを融合させた仕組みとしています。
食品防御 ニチレイグループでは、意図的な異物混入は人が行うものと考え、『意図的な行為をする人』の行動を管理・制御する仕組みとしています。
食品危機管理 ニチレイグループが提供する食品等で健康被害に直結するような事件・事故が発生した際に、迅速に調査・検証し、情報化社会である現状を踏まえ、適切な手段を用いて適正な情報を発信するための仕組みとしています。

食品防御に関する取り組みについて

ニチレイグループでは、食品を守るためには『人間を制御する』のが最善の手段と考え、人の管理に重点を置いています。許可された者しか食品を扱うエリアに入場することが出来ない様にしたうえで、『いつ、誰が、どこに居た』のかを特定できる様にしています。

商品特性に応じて食品を守る仕組みを講じ、問題が発生した際に追跡調査を実施出来る体制を構築しています。問題が発生した時には、食品危機管理の仕組みと連動し、適正な情報を迅速に発信して参ります。

食品防御の仕組み

食品危機管理に関する取り組みについて

ニチレイグループでは、提供する食品等で健康被害に直結するような事件・事故が発生した際の対応手順を定めています。これは、健康被害に直結するような事件・事故発生が発生した際には速やかに事実確認を行い、社内外関係者や報道機関への対応方法を決め、迅速に情報を公開しつつ、原因究明と再発防止に努めることを目的としています。

事業会社では対応手順に従って情報共有すると同時に、食品安全センターや社外の分析機関において様々な分析を行い、科学的に危険度や成分などを評価します。その結果や事実確認の結果をもとに、関係者が集まってリコールの必要性を早急に決定します。
リコールをする場合は、報道する内容を精査し、お客様に誤解を与えないような文言を用い、インターネットなどの情報ツールも駆使して広く伝えられるように公表致します。

ページトップへ戻る