文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム

  • 『安全・信頼』についての考え方

食品の安全・信頼
『安全・信頼』についての考え方

ニチレイグループでは、品質保証に関する基本方針を定めています。

ニチレイグループではグループ企業経営理念に基づき、ニチレイグループが提供する食品に関する商品・サービスの品質および安全性を確保することで、生活者の健康被害を防止し、ニチレイグループ全体の品質管理・品質保証水準および顧客満足の維持・向上を図ることを目的として、品質保証に関する基本方針を定めています。
食品への意図的な異物混入事件の発生を受け、従来の食品衛生予防活動に、食品防御の考え方を導入し、健康被害をもたらす事件・事故が発生した際に迅速に的確な情報を発信する仕組みを連動する形の基本方針に改正しました。
これらの仕組みが有効に機能していることを検証・評価するために、QMSの内部監査や品質工場監査を活用し、不備があれば改善を促す流れでPDCAサイクルを回転させ、更なるレベルアップを目指して取り組んで参ります。

品質保証に関する基本方針

  • 1.食品関連法令等により要求される事項を遵守すること。
  • 2.食品の安全・安心に対する生活者・取引先の要求事項を確実に把握し、グループ全体の品質管理・品質保証力を継続的に高めること。
  • 3.生活者の健康被害を防止するために、食品安全(Food Safety)、危機管理(Food Crisis Management)のみならず食品防御(Food Defense)の考え方を取り入れること。

ページトップへ戻る