文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム

  • ニチレイブランド審査制度

食品の安全・信頼
ニチレイブランド審査制度

ブランド審査制度について

㈱ニチレイ品質保証部は、お客様からの食品に関する安全性や品質に対する信頼にお応えするためにブランド付与の為の品質認証の取り組みとしての「ブランド審査制度」を設けて活動しています。

この「ブランド審査制度」は、商品審査と工場審査から成り、各事業会社が新たにニチレイブランドを付けた商品の生産を開始する前にブランド審査を実施します。

当該商品自体の安全性を検証するのが商品審査であり、生産工場の生産現場に赴いて監査を行うのが工場審査です。この2つの審査に合格した商品だけが、ニチレイブランドを付けて販売することが許される仕組みになっています。

ニチレイブランドが付与されるまで

工場審査の内容

  • ・事業会社による事前調査・指導の後、専門教育を受けた工場審査担当者が必ず対象工場におもむいて審査を実施します。
  • ・審査内容は管理・運営面25項目、施設・衛生面30項目から成り、細分化した150ポイントをチェックします。
  • ・管理・衛生面、施設衛生面の両面で合格とならなければニチレイブランドを付けた商品の生産は出来ないことになっています。

工場審査の一例(以下のポイントを調査)

項目 ポイント 評価
アレルゲン管理が適正に行われる仕組みがあるか ①当該工場の生産品に含まれているアレルゲン情報を原材料規格書や商品仕様書などで検証し、それらを適正に管理する仕組みを構築しているか 5段階
②人のアレルギー反応やアレルゲン管理の必要性について従業員教育が行われているか

ページトップへ戻る