文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

株式・社債株主還元

資本政策

当社は、グループ企業価値の持続的な向上をめざし、成長と事業基盤強化のための投資に加え、食品安全、環境保全などの社会的ニーズに対応する投資も行います。これら事業の遂行に必要な資金を効率的かつ安定的に調達できるよう、資本効率性・成長性・健全性を考慮しながら、バランスの取れた資本構成を実現してまいります。営業キャッシュフローと資産流動化などによる資金は、成長のための投資と配当や自己株式の取得を通じた株主還元に振り向けます。

株主還元方針

当社は、各事業年度の連結業績などを勘案しながら、連結自己資本配当率(DOE)を基準として安定的な配当の継続を重視するとともに、機動的な株主還元の手段として資本効率や市場環境などを考慮のうえ自己株式の取得を実施することを基本方針とします。本計画期間において連結自己資本当期純利益率(ROE)は8%以上を維持し、DOEは2.5%を目標とします。また、本計画期間中に10百万株*(発行済株式総数の約7%)の自己株式取得を検討いたします。

※2016年10月1日に実施した株式併合後の株式数に置き換えて表示しております。

配当金の推移

配当金の推移

(注)

  • 2016年3月期は創立70周年の記念配当4円が含まれております。
  • 2016年10月1日に実施した株式併合後の株式数に置き換えて表示しております。

ページトップへ戻る