文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

生物多様性

生物多様性方針

ページトップへ戻る

【森を活かす活動】
商品の売り上げの一部で森林の保全活動を支援

ページトップへ戻る

自然や地域と共生した持続可能な調達

ニチレイフレッシュでは、食と健康の源である地球の恵みを守りながら、持続的な調達・供給を行っていくために、調達活動を通じた環境負荷の低減に取り組んでいます。
えびの調達販売を通じて、インドネシアにマングローブ林を広げる活動を行っています。

生命(いのち)の森(マングローブ植樹プロジェクト)

「こだわり素材」では、天然水産資源の乱獲防止の取り組みを行っています。「モーリタニア産壷たこ」では、漁場を荒らしたり、小さなたこを獲るなどの乱獲につながることが少ない「壷漁」のみにこだわり、品質の高いたこ原料を提供しています。また、「ブラジル産天然えび」「メキシコ産天然えび」では、政府の定めた禁漁期間や禁漁基準を遵守し、持続可能な漁業に努めています。
ニチレイフレッシュは常に安全で安心な食を安定的にお届けするとともに、資源や環境や社会の持続可能性を念頭に、今後も「こだわり素材」の開発や調達に取り組んでいきます。

ページトップへ戻る

裏磐梯の社有地における活動

ニチレイは福島県裏磐梯の桧原湖周辺に土地を所有しており、周辺の自然環境の調査と、それにもとづく環境や生物多様性の保全活動の支援を行っています。裏磐梯の所有地周辺は1888年の磐梯山の噴火によって植生が消失しましたが、125年ほど経過したことにより、アカマツ林、シロヤナギ、ヨシの湿地、湖沼の水生植物群落など、遷移途中の植生を見ることができます。一方、裏磐梯高原には、この地に緑を蘇らせようとした人々によって植林されたアカマツの林が広がっていますが、当社社有地には植林地がなく、ほとんど手つかずの自然の遷移の様子を観察できる、学術的に貴重な土地となっています。

ニチレイでは2011年度より、福島大学大学院共生システム理工学研究科実践教育推進センターの自然共生・再生プロジェクト部が実施する裏磐梯の自然に関する調査への支援を行ってきました。2013年度からは福島大学大学院共生システム理工学研究科のプロジェクト「遷移途中にある自然環境を自然遺産として良好に保全するための研究モデルの策定–磐梯朝日国立公園の人間と自然環境系(生物多様性の保全)に関する研究–」を支援しています。当社社有地に限らず、裏磐梯地域のさまざまな場所での湖沼群の植物や昆虫の調査、そして猪苗代地域では猪苗代湖の湖底堆積物の分析など、幅広い研究を実施した結果、複数の絶滅危惧種が確認されたり、猪苗代湖の形成史の一部が分かったり、さらには、既知のものとは大きく異なる特徴をもつ新種の可能性が高いカゲロウの一種も発見されるなど、これらの地域の自然の希少性が科学的に明らかになってきています。

また、猪苗代湖や裏磐梯湖沼流域における、水環境保全を推進する「きらめく水のふるさと磐梯」湖美来(みずみらい)基金(猪苗代湖・裏磐梯湖沼水環境保全対策推進協議会)にも寄付を行っています。同基金は活動内容を情報発信し、広く理解と支援の輪を広げることにより、猪苗代湖と裏磐梯湖沼群を美しいまま未来の世代に引き継いでいくことを目的としています。

裏磐梯地域の湖沼における水質調査

裏磐梯地域の湖沼における水質調査

新種の可能性の高いヒメシロカゲロウ属

新種の可能性の高いヒメシロカゲロウ属

ページトップへ戻る

絶滅危惧種アツモリソウ保護支援

開花したアツモリソウ開花したアツモリソウ

かつて長野県富士見町内の山中に自生したアツモリソウは、乱獲、鹿などの野生生物による食害、地球レベルで問題となっている気候変動が影響し、自生地で激減し、絶滅危惧種に指定されています。これに危機感を持った富士見町の皆様が「富士見町アツモリソウ再生会議」を立ち上げ、何とか元の姿に戻したいと活動を続けてきました。
ニチレイグループはこの活動に立ち上げ当初から参画し、バイオ技術を駆使して2011年度には累計約3万本の苗を増やすことに成功しました。
そして、再生会議とニチレイグループが苦心を重ねて発芽させ、育てた株が、種撒きから6年という歳月を経た2014年5月中旬に、遂に開花しました。

この成果は、アツモリソウ再生を目指す取り組みとして初めて“開花”という難しい関門を乗り越え次の段階への進展の可能性を示すもので、今後の保護活動への大きなはずみになります。今後も、ニチレイグループは再生会議の主要メンバーとしてアツモリソウの保護に取り組んでいきます。

ページトップへ戻る

循環型農畜産業

工場や食品素材の生産現場で排出される食品残渣や鶏ふんなどを、飼料や肥料に再生すれば、廃棄物を削減し、資源として有効活用できます。しかし、そのためには、再資源化された飼料・肥料が実際に使われることが必要です。

ニチレイグループは、食物から再資源化した飼料・肥料を使って食物を生産し、これを人間や家畜が食べる循環サイクルの確立を目指しています。純国産鶏種「純和鶏」の養鶏場として設立した(株)ニチレイフレッシュファームでは、地域の関係者と連携を図りながら、鶏ふんを活用した地域循環型の生産体制の構築に取り組んでいます。

ページトップへ戻る

CSRレポート 2014

  • ニチレイフーズ
  • ニチレイフレッシュ
  • ニチレイロジグループ
  • ニチレイバイオサイエンス

ページトップへ戻る