ニチレイ
TOP お問い合わせ プレスリリース 採用情報 English
ニチレイについて検索する
ニチレイについて 株主・投資家情報 社会・環境活動 安全・安心の取り組み
ホーム > CSRレポート2012 > 環境のために|商品におけるCO2削減

環境のために

商品におけるCO2削減

容器包装の軽量化とサイズの見直し

パリパリの春巻

ニチレイフーズでは、強度を確保しながら容器包装の軽量化やサイズの見直しを進めています。
段ボールの軽量化を今川焼、米飯類などで進めたほか、米飯類などではさらにフィルムの軽量化を図り、フィルムを8.2t/年削減しました。また「お弁当にGood! パリパリの春巻」で容器包装のサイズを見直し、フィルムの長さを2%短くしました。

このページの先頭へ戻る

牛のメタンガス排出抑制

牛、羊などの反芻動物は、エサを分解・消化する際、胃の中でCO2の21倍もの温室効果があるメタンガスを発生させ、体外に排出することが知られています。地球温暖化防止が世界的な課題となる中、ニチレイフレッシュは、牛が排出するメタンガスの抑制に取り組んでいます。

消化の過程でルーメン(1番目の胃)内の微生物の働きにより生成される水素は、メタン細菌によりメタンガスを生成しゲップとして体外に排出されます。牛にアマニ油脂肪酸カルシウム※1を給与することで、ルーメン内の水素は、アマニ油脂肪酸カルシウム中の不飽和脂肪酸と結合して飽和脂肪酸となり、その結果メタンガスの発生が抑制される、という研究成果に着目し、国内の農場で動物試験を実施しました。

これにより、地球温暖化の環境影響が小さくなること(LCA手法による)、穀物肥育牛では「オメガバランス」※2が改善されること、増体効果で肥育期間が短くなり飼料コストが抑えられること等が確認され、現在全国各地でアマニ油脂肪酸カルシウムを用いた飼育プログラムを展開し、実用化を進めています。

※1 アマニ油脂肪酸カルシウム:α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)を豊富に含むアマ二の種子から抽出した油とカルシウムを結合させたもの。
※2 「オメガバランス」:人の体に必要な必須脂肪酸のなかでも特に重要な「オメガ6系脂肪酸」と「オメガ3系脂肪酸」のバランスのこと。

「牛の体内でのメタンガス発生の仕組み」

「牛の体内でのメタンガス発生の仕組み」

このページの先頭へ戻る

ライフサイクル(LC)-CO2の把握

技能試験(FAPAS®/FEPAS®)の流れ

LC-CO2とは、人間の活動が地球温暖化にどれぐらい影響を与えるかを、各温室効果ガス排出量をCO2排出量に換算して表した指標です。
食品の原料調達から生産、流通、使用、廃棄に至るまでのエネルギー使用量などをCO2量に換算し、商品のライフサイクルにおいて排出されるCO2量を把握します。
数値化することにより、事業者の温暖化抑止への取り組みを促すとともに、表示を消費者にアピールすることで、環境に配慮した購買行動を促す効果もあることから、温暖化防止対策のひとつとして期待されています。
日本では現在、この取り組みの普及を目指して、CO2排出量の算定方法や表示・評価に関するルール(PCR:商品種別算出基準)の検討と制度化が進められています。
2011年度、ニチレイは、ニチレイフレッシュと協力して、「鶏肉」と「魚介類(養殖生産物を除く))の生鮮食品でのPCR認定を取得しました(「鶏肉」:PA-CP-01、「魚介類」(養殖生産物を除く):PA-CO-01) 。これにより、生鮮食品の「鶏肉」「魚介類」については、認定されたPCRに基づいてLC-CO2を算出します。
また、ニチレイフーズでも、商品の改良、工程の改善によるCO2排出量削減を目的として、一部主力商品で、試行的にLC-CO2eの算出に取り組んでいます。

このページの先頭へ戻る