印刷する

ホーム技術情報技術レポート

技術レポート

シンプルステインMAX-PO(M)、シンプルステインAP(M)を用いたマウス第一抗体による三重染色法
染色例
染色例1
◆目的:3種類の抗原検出により組織内の3種類の細胞分布を観察する。
◆材料:ヒト反応性リンパ節
CD8:CD8陽性細胞の細胞膜がBCIP/NBT発色で青色に染色されている。
CD4:CD4陽性細胞の細胞膜がニューフクシン発色で赤〜桃色に染色されている。
CD20 cy:主に胚中心に存在するCD20 cy陽性細胞(B細胞)の細胞膜がDAB発色で茶褐色に染色されている。
使用抗体
<<1回目の抗原検出>>【BCIP/NBT発色(青色)】
・CD 8
・抗原賦活化処理:1mM EDTA緩衝液(pH 8.0)、95℃、40分
<<2回目の抗原検出>>【ニューフクシン発色(赤〜桃色)】
・CD 4
・抗原賦活化処理:1mM EDTA緩衝液(pH 8.0)、95℃、40分
<<3回目の抗原検出>>【DAB発色(茶褐色)】
・CD 20 cy
・抗原賦活化処理:10mMクエン酸緩衝液(pH 6.0)、95℃、40分
染色例2
◆目的:同一細胞内において3種類の抗原分布を観察する。
◆材料:子宮頸部扁平上皮癌
β-catenin:細胞膜に存在するβ-cateninがBCIP/NBT発色にて青色に染色されている。
Cytokeratin(AE1/AE3):細胞内の細胞骨格タンパクであるCytokeratinがニューフクシン発色にて赤〜桃色に染色されている。
Ki-67抗原:増殖細胞核内のKi-67抗原がDAB発色にて茶褐色に染色されている。
使用抗体
<<1回目の抗原検出>>【BCIP/NBT発色(青色)】
・β-catenin
・抗原賦活化処理:1mM EDTA緩衝液(pH 8.0)、95℃、40分
<<2回目の抗原検出>>【ニューフクシン発色(赤〜桃色)】
・Cytokeratin(AE1/AE3)
・抗原賦活化処理:10mMクエン酸緩衝液(pH 6.0)、95℃、40分
<<3回目の抗原検出>>【DAB発色(茶褐色)】
・Ki-67抗原
・抗原賦活化処理:10mMクエン酸緩衝液(pH 6.0)、95℃、40分

参考文献
池田勝秀,鈴木孝夫ほか:高感度間接法を用いた酵素抗体法三重染色,医学検査 2003;52(7):944-949
戻る

ページトップへ戻る