印刷する

ホーム技術情報シンプルステインMAX-PO, シンプルステイン PO,シンプルステインラットMAX-PO,シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)

免疫組織化学染色法

シンプルステインMAX-PO, シンプルステインラットMAX-PO,シンプルステインマウスMAX-PO
操作手順 *各ステップでの反応温度、反応時間は厳密に行うこと。
*特に温度指定のない場合は、常温(15〜25℃)で操作すること。
*染色結果に影響を及ぼす為、必ず下記の操作手順に従って操作を行うこと。
● 脱パラフィン(パラフィン包埋切片)
脱パラフィン(パラフィン包埋切片)
● ブロッキング試薬Iによる処理(3%過酸化水素加メタノールによる内因性ペルオキシダーゼ除去)
ブロッキング試薬Iによる処理(3%過酸化水素加メタノールによる内因性ペルオキシダーゼ除去)
● 第一抗体の添加・反応
第一抗体の添加・反応
● シンプルステインMAX-PO、シンプルステインマウスMAX-POまたはシンプルステインラットMAX-POの添加・反応
シンプルステインMAX-PO、シンプルステインPO、シンプルステインラットMAX-PO、シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)の添加・反応
● シンプルステイン基質の添加・反応
シンプルステイン基質の添加・反応
● 対比染色
● 封入
基質溶液がAEC発色の場合はこのまま水溶性封入剤で、DAB発色の場合は水洗、脱水、キシレンによる透徹後、非水溶性封入剤で封入する。
※酵素処理、抗原賦活処理および反応条件等については、第一抗体の添付書に従う。
※操作中の反応は、湿潤箱の中で行う。
戻る

ページトップへ戻る