印刷する

ホーム技術情報シンプルステインAP

免疫組織化学染色法

シンプルステインAPNEW
染色原理
シンプルステインAPとは?
シンプルステインAPは、アミノ酸ポリマーに、アルカリフォスファターゼ(ALP)とFab'にした第二抗体を結合させた標識ポリマーでヒト組織、細胞に使用可能です。マウス、ウサギの第一抗体に使用できます。ヒト組織切片上の抗原に第一抗体を反応させ、次にシンプルステインAPを反応させると、抗原・第一抗体・ポリマー・酵素の複合体を形成することができます。この複合体の酵素活性を利用し基質を発色させ、抗原部位を染色します。
シンプルステインAPとは?
特長
●スメア標本、サイトスピン標本の染色に最適です。
●第一抗体に反応させた後は発色させるだけです。ストレプトアビジン・ビオチン(SAB)法で行う正常血清によるブロッキング操作、第二抗体および酵素試薬の反応の3ステップを1ステップに省略できます。
●ストレプトアビジン・ビオチン(SAB)法と比べて高感度・低バックグラウンド、強い染色結果が得られます。
●調製済みのため、そのまま使用可能(1ボトルタイプ)です。
●アビジン・ビオチン系を利用しないため、内因性ビオチンの影響を受けません。
戻る

ページトップへ戻る