印刷する

ホーム技術情報ニチレイ ヒストファインHER2キット(POLY)

免疫組織化学染色法

ヒストファイン HER2 キット(POLY)
臨床的意義 HER2検査
HER2※1/neu遺伝子は1986年に山本らにより発見され、その遺伝子配列が決定された癌遺伝子のひとつです。 この遺伝子産物であるHER2/neuタンパクは、チロシンキナーゼ活性を有する分子量185kDaの細胞膜貫通型受容タンパクであり、乳癌、前立腺癌および胃癌の組織において高頻度にタンパク過剰発現、あるいは遺伝子増幅していることが報告されています。特に、HER2/neuタンパクの過剰発現、あるいは遺伝子増幅が認められた乳癌患者は、予後が不良であることが多いと報告されています。このため米国で、癌細胞に発現されたHER2/neuタンパクを標的としてヒト化されたモノクローナル抗体 ハーセプチン(トラスツズマブ。ジェネンテック社)がHER2過剰発現の転移性乳癌の抗体治療薬として開発され、1998年に米国食品衛生局(FDA)から承認されました。日本においても2001年、「HER2/neuタンパク過剰発現が確認された転移性乳癌」の抗体治療薬としてハーセプチン(中外製薬株式会社)が発売されました。その後、2008年には、「HER2/neuタンパク過剰発現が確認された乳癌における術後補助化学療法」の効能・効果で承認され、2011年3月に、「HER2/neuタンパクの過剰発現、あるいは遺伝子増幅が認められた治療切除不能な進行・再発の胃癌」の治療薬として適用拡大されました。 この治療薬の適正な対象症例を選択するには、HER2/neuタンパクの過剰発現あるいは遺伝子増幅の有無を知ることが不可欠です。その方法は、タンパクの過剰発現を検出する方法(IHC法※2)と遺伝子増幅の検出方法(FISH法※3、DISH法※4など)があります。

本品は、免疫組織化学染色法を用いて腫瘍細胞中のHER2/neu遺伝子産物(HER2/neuタンパク抗原)を検出し、そのタンパクの過剰発現の有無を判定します。最初に、腫瘍細胞中のHER2/neuタンパク抗原に対する特異的な第一抗体注1)を反応させ、次にアミノ酸ポリマーに酵素と第二抗体を結合させた試薬である酵素・第二抗体標識ポリマー注2)を反応させます。その結果、抗原・抗体・ポリマー・酵素の複合体を形成させ、この複合体の酵素活性を利用して基質を発色させます。 これにより抗原部位を視覚化し、光学顕微鏡により抗原の有無を確認します。

※1 Human Epidermal Growth Factor Receptor Type2
※2 Immunohistochemistry
※3 Fluorescence in situ hybridization
※4 Dual color in situ hybridization
注1) 第一抗体:抗ヒトHER2/neu遺伝子産物ポリクローナル抗体(動物種:ウサギ)
注2) 酵素・第二抗体標識ポリマー:ペルオキシダーゼ標識抗ウサギIgGポリクローナル抗体 (Fab') (動物種:ヤギ)
参考文献
1) Yamamoto, T., Ikawa,S., Akiyama,T., et al : Similarity of protein encoded by the human c-erb-B-2 gene to epidermal growth factor. : Nature 319 : 230-234, 1986
2) Slamon D.J., Clark G.M., Wong T.G., et al : Human breast cancer correction of relapse and survival with amplification of the Her2/neu oncogene. : Science 235, 177- 182, 1987
3) Yamada Y., Yoshimoto M., Murayama Y., et al : Association of elevated expression of the c-erb- B-2 protein with spread of breast cancer. : Jpn. J. Cancer Res. 80, 1192- 1198, 1989
4) Robert C. Bast, et al : Update of Recommendation for the use of Tumor markers in Breast and Colorectal Cancer: Clinical Practice Guidelines of the American Society of Clinical Oncology) : J Clin Oncol vol.19 No.6, 1865-1878, 2000
5) 渡辺 亨ほか : 効果的なHerceptin治療のための遺伝子診断 : 日本臨床60,60.-611, 2002
6) Bast RC, et al.: 2000 Update of Recommendations for the Use of Tumor Markers in Breast and Colorectal Cancer: Clinical Practice Guidelines of the American Society of Clinical Oncology : J Clin Oncol 19, 1865-1878, 2001
7) Tsuda H, et al.: Detection of HER-2/neu(c-erbB2)DNA Amplification in Primary Breast Carcinoma:Cancer 92, 2965-2974, 2001
8) Mass R, et al.: The Concordance Between the Clinical Trials Assay(CTA) and Fluorescence in Situ Hybridization(FISH) in the Herceptin Pivotal Trials. : Proc Am Soci Clin Oncol 19, 75a, 2000
9) Vogel CL, et al.: Efficacy and Safety of Trastuzumab as a Single Agent in First-Line Treatment of HER2-Overexpressing Metastatic Breast Cancer : J Clin Oncol 20, 719-726, 2002
10) Hitoshi T.,et al : Evaluation of interobserver agreement in scoring immunohistochemical results of HER-2/neu(c-erbB-2) expression detected by Hercep Test, Nichirei polyclonal antibody, CB11 and TAB250 in breast carcinoma.: Pathology International 52, 126-134, 2002
11) Kazuyoshi K., et al : Detection of c-erb B2(HER-2/neu) amplification in breast carcinoma by fluorescence in situ hybridization on tissue sections and imprinted cells : Pathology International 52, 451-457, 2002
12) HER2検査ガイド 胃癌編 トラスツズマブ病理部会
戻る

ページトップへ戻る