印刷する

ホームお知らせ新製品案内

新製品案内

抗Napsin Aモノクローナル抗体(IP64)
新しい肺腺癌マーカー!Napsin A!
抗Napsin Aモノクローナル抗体(IP64)
ヒトNapsin A(単鎖タンパク質、38kDa)と特異的に反応する。Napsin はペプシン様アスパラギン酸プロテアーゼとして知られており、Napsin AとNapsin Bが存在する。正常組織では、肺のU型肺胞上皮細胞や肺胞マクロファージ、腎臓の尿細管で染色がみられる。発現量は少ないが脾臓でも染色がみられる。腫瘍組織では、肺の非小細胞癌である肺腺癌(91%4)、85%、84%、83%)で高率に反応がみられ、低率ではあるが、大細胞癌(18%、33%)でも反応がみられる。また、腎細胞癌では、乳頭癌(79%)、明細胞癌(34%)に反応がみられる。肺の小細胞癌や、非小細胞癌である扁平上皮癌、カルチノイド、中皮腫では発現がみられない。Napsin Aは肺原発腺癌における特異性が非常に高いことから、TTF-1(有用な肺癌のマーカー)とともに検出することは、肺原発腺癌を他臓器由来の転移性癌と区別し、肺腺癌の判別の信頼性を高めるうえで非常に有用である。Napsin Aは、細胞質に顆粒性パターンの染色を示す。
クローン名: IP64
染色データ
参考文献の紹介
参考文献
製品一覧
 
戻る

ページトップへ戻る