文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム採用情報新卒採用サイトニチレイグループを知るトップメッセージ

新卒採用2018 -おいしい瞬間を届けたい-

  • ENTRY
  • MYPAGE

トップメッセージ

私が皆さんに伝えたいこと、皆さんに願うこと。
ニチレイは単なる「食品会社」の枠には収まらない。

株式会社ニチレイ 代表取締役社長大谷 邦夫 KUNIO OTANI

代表取締役社長 大谷 邦夫

皆さんは、「ニチレイ」と聞いて、何をイメージしますか? 冷凍食品? それとも水産・畜産品ですか。 あるいは、物流でしょうか。もちろんどれも正しいのですが、いずれも私たちの一つの姿でしかありません。

ニチレイグループは、「くらしを見つめ、人々に心の満足を提供する」という経営理念の下、 「食のフロンティアカンパニー」として多彩な事業を展開しているのです。 ニチレイは、食品メーカー事業(「ニチレイフーズ」)、水産・畜産事業(「ニチレイフレッシュ」)、 食品物流事業(「ニチレイロジグループ」)、バイオサイエンス事業(「ニチレイバイオサイエンス」)を営んでおり、 単なる「食品企業」では収まらない大変特色のある事業構成の企業集団となっています。

2005年4月に持株会社体制に移行し、事業会社各社はグループのミッション・ビジョンを共有しながら、各社の経営陣と従業員が一体となって、 それぞれ独自の「高い志」(事業ビジョン)を掲げ、その実現に向けて邁進中です。

各社の概要をここで詳しくは申し上げません。採用も各事業会社別の形態をとっていますし、 皆さんが興味のある仕事、自分の学んだことを活かせるフィールドを選んでほしい。 ただ、各社が掲げる「志」に共鳴していただくことが、私たちと皆さんの出会いの第一歩になると考えています。

社員個々の成長と満足が支える 「NO.1」の実力

ニチレイグループの魅力を伝えるとなると、その要素は多岐に渡ります。 冷凍食品事業でトップクラスであることは言うまでもなく、皆さんには意外に知られていませんが、食品の低温物流事業でもナンバー1です。 水産・畜産事業は創業以来の歴史と実績を持ち、世界から食料資源を調達する重要な使命を担っています。 一方、加工食品の分野で培った技術を発展させたバイオサイエンス事業という新しいフィールドにも挑戦しています。
この多彩さは、皆さんの選択肢の豊富さでもあるのです。 食の分野を極めたい人、エンジニアリングやバイオを追求したい人、世界を舞台に活躍したい人、管理部門で会社を支えたい人など、どんな志望・志向の人でも受け入れる体制があります。

大谷 邦夫

自立心さえあれば、あとは「なんでもあり」です。

企業は社会的責任のある存在です。私たちを取り巻く「地球環境」や「食の安全」といった問題に対しても重大な責務があります。 環境問題に関しては、グループ環境保全委員会を設け、グループ全体でも、各社でも積極的に省エネを推進しています。 百貨店向けの共同配送を実現して温暖化ガスの排出量を削減するなど、独自のアプローチも展開中です。 ニチレイにとって、「食の安全・安心」は生命線であり、消費者がニチレイ・ブランドに求める水準は一般レベルよりかなり高い。 「小さな油断やミスでも企業生命を失いかねない」と肝に銘じる覚悟で、全社に徹底しています。
さて、そんな私たちが求める人材像とは。私は、「自立自助」の精神を挙げたい。これは、各社に求めることでもあり、社員個々にも望みます。 もっとわかりやすく言えば、「どんな問題に対しても傍観者にならない」ということ。 組織の中に入っても、物事を自分の問題として対処してほしい。私たちの志に共鳴し、この精神さえ持っていてくれれば、あとは本当に「なんでもあり!」です。 ニチレイには、社員の「挑戦」を尊重するカルチャーがあります。「何かをやりたい」と声を上げれば、チャレンジできる。 その証拠に、「日本初・業界初」が多々あります。ニチレイの広大なフィールドの中で「自己を成長させたい」と考えている方は、是非、当グループの門戸を叩いてください。

大谷 邦夫

新卒採用トップ

ページトップへ戻る