文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

プレスリリース 2010年

平成22年10月26日
報道関係者各位
株式会社ニチレイフーズ
ニチレイフーズ
タイ王国に新・増設した2工場稼動開始のお知らせ
ニチレイグループの株式会社ニチレイフーズ(代表取締役社長・相馬 義比古)は、今期からスタートした中期経営計画 “energy 2012"の柱の一つであり、ニチレイフーズの主力カテゴリーであるチキン加工品事業強化を目的とし、タイ王国に2工場を新・増設いたしました。10月21日にタイ王国畜産局経由で農林水産省(日本)より生産・輸出許可を戴きましたので、今週より設備の最終調整やテスト稼動等の準備を進め、本年11月中旬より本格稼動を開始いたします。

日本国内におけるチキン加工品需要は年々高まりつつあります。世界的に見ても飼料効率の良さから鶏肉の需要が高まる傾向にあり、安定的なチキン原料の調達が不可欠になってきます。このような環境下、主要生産国のひとつであるタイ王国での原料調達ルートを確保しつつ、事業基盤の強化を目的として、スラポンニチレイ食品カビンブリ工場の増設と、GFPTニチレイ(タイ)設立に伴う工場の新設を行いました。
現在、ニチレイフーズは国産・輸入を合わせると冷凍されたチキン加熱加工品で約30%の日本国内シェアを有しております。タイ王国での新たな2工場の稼動により、品質・価格・物流ともに安定した供給体制を構築し、業界内での圧倒的なポジションの確立を目指します。
<<新・増設2工場の概要>>
【スラポンニチレイ食品株式会社カビンブリ第2工場】
スラポンニチレイ食品株式会社の概要
■本社所在地:タイ王国サムットプラカン県
■代表者:シチチャイ・クライシティシリン(代表取締役社長)
■設立:1988年3月(テパラク工場1989年稼動、カビンブリ工場1997年稼動)
■資本金:1億バーツ(ニチレイフーズ51%、スラポンフーズ49%)
■従業員数:テパラク工場 575人、カビンブリ工場 1,020人
■生産数量:17,000トン(2009年度実績)<内訳:テパラク工場5,000トン、カビンブリ工場12,000トン>
■売上高:27億バーツ(2009年度実績)
カビンブリ第2工場の概要
■工場所在地:タイ王国プラチンブリ県
■敷地面積:17,600u
■延床面積:9,990u
■生産設備:2ライン(ダブルフライライン、フライ+オーブンライン各1ライン)
■生産能力:日産24トン
■設備投資予定額:15億円
・環境配慮・省エネを重視し、2年間で電気・水使用量共に20%削減。ボイラー重油のLPGへの変更、LED照明の導入、ソーラーパネルの設置、排水処理水の再利用などの実施により、タイ王国政府より品質大賞を受賞
・フードディフェンス面ではICカードによる入退出管理、監視カメラの設置(16チャンネル)

【GFPTニチレイ(タイ)株式会社】
■本社所在地:タイ王国チョンブリ県
■代表者:ジェサダ・シリモンコルカセム(代表取締役会長兼社長)
■設立:2008年11月
■資本金11億7千万バーツ(ニチレイフーズ51%、GFPT49%)
■従業員数(予定):3,000人
■敷地面積:232,000u
■延床面積:生鶏処理場(スローターハウス) 17,600u、加熱加工場 23,000u
■生産設備:フライ+オーブンが2ライン(別途3ライン増設余地有り)
■生産能力(予定):処理羽数 10〜13万羽/日、加熱加工 日産64トン
■設備投資予定額:66億円
・生鶏処理場(スローターハウス)から加熱加工場まで、日タイ合弁企業としては初のフルインテグレーション(完全一貫生産)の大量生産型工場
・生鶏処理から加工・包装まで完全密閉の工場(タイ王国初)
・敷地内に9棟の宿舎を建設
・加熱工程に豪州製ツインタワーオーブンを導入することで商品のジューシー感・クリスピー感が向上
・稼動しながら霜取りができる欧州製フリーザーを採用
・フードディフェンス面ではICカード(22ヶ所)と指紋認証(8ヶ所)による入退出管理、処理場・加工場には監視カメラ(56ヶ所)を設置
・加工場のトレーサビリティは当社独自のPAS(Product Assistance System)を活用

カビンブリ第2工場  
カビンブリ第2工場  
  GFPTニチレイ
  GFPTニチレイ
この件に関するお問合せ先
株式会社ニチレイ/広報IR部:岡田充功
〒104-8402 東京都中央区築地六丁目19番20号 ニチレイ東銀座ビル
TEL:(03)3248-2235(ダイヤルイン) FAX:(03)3248-2120

プレスリリース

プレスリリース検索

検索期間を指定できます

ページトップへ戻る