沿革スペシャルサイト ニチレイヒストリーロード

会社設立から現在までのニチレイの歩みを日本の食の歴史と共にニチレイの歴史をご紹介しています。

ニチレイの歴史を見る

1940-50年代

第2次世界大戦後の疲弊した日本。戦後の食糧不足は深刻なものでした。特に都市部では配給も止まり、人々は食糧をもとめて闇市に集まっていました。苦しい時代を抜け1950年代になると、国民の消費が増えはじめ、食生活にもだんだんと欧米の影響がでてきました。

ページトップへ戻る
1942年
ニチレイの前身 帝国水産統制がつくられる

詳しく見る

第2次世界大戦の間の必要な食料を管理するため、日本政府は水産会社を集めて、帝国水産統制株式会社(現ニチレイ)をつくり、日本の水産資源をその管理下におきました。

1945年 民営会社 日本冷蔵として再スタート

詳しく見る

戦争によって大きな被害をうけた帝国水産ですが、敗戦後の食料不足をなんとかしたいという想いのもと、国策会社から民間の企業となり、再スタートをきることになります。

消費ブームと同時に、事業を拡大

戦後の傷も癒え国民の消費が増える中で、魚や肉などの需要が増えていき、日本冷蔵はそれをチャンスとして食品や冷蔵・水産事業に加え、畜産事業や加工食品事業をどんどん大きくしていきました。

1946年 果汁入りアイスキャンディ「レイカ」

詳しく見る

1952年 調理冷凍食品の誕生

ニチレイはもともと冷凍魚の取扱いや氷の製造などを事業としていたので、調理冷凍食品の開発は、冷力に根ざした会社本来の食品加工事業として進められました。当時の情勢として、一時に大量の食事をまかなう団体給食、特に学校給食において、調理に便利で品質が一定した衛生的な食品が求められており、冷凍食品こそがそのニーズに応えられる食品だったのです。

1957年 南極でも冷凍食品

詳しく見る

家庭向け冷凍食品をひろめる

詳しく見る

当時、学校の給食など団体向けに使われているのがほとんどだった冷凍食品を一般の家庭にもひろめよう!と、デパートで冷凍食品の試食コーナーを設けたり、展示会をひらいたりしていました。

1960-70年代

このころ、日本は高度経済成長とよばれる大きな発展の時代をむかえ、「三種の神器」といわれたテレビ・洗濯機・冷蔵庫の家電製品が家庭に広まっていきました。しかし、1973年のオイルシックで日本の発展は停滞してしまいます。

ページトップへ戻る
愛されるニチレイブランド

1959年から1985年まで、日本冷蔵の商品ブランドにはすべて星印の「日冷スター」を使用し、明るく清潔で親しみがあり消費者に愛されるブランドになるよう、積極的に宣伝していきました。

1964年 オリンピック選手も食べた冷凍食品

詳しく見る

1960年代 冷蔵庫と一緒に、冷凍食品が普及

1960年代になると、冷凍庫付き冷蔵庫が一般の家庭に普及しだしました。その影響で、このころからようやく家庭向けの冷凍食品が受け入れられはじめました。

日本に物流ネットワークをつくる

詳しく見る

肉などの生の食料品を売るスーパーマーケットが登場しはじめ、日本中で、産地から店頭まで鮮度を保ったまま食料品を運ぶ物流のネットワーク(コールドチェーン)が作られていきました。

1970年 万博に出店

詳しく見る

1980-90年代

社会に出て働く女性が増え、その影響で食事を外食したり買って食べるという「食の外部化」が進みました。ファストフードやコンビニエンスストアの店舗がチェーン展開し、人々のあいだに定着しだしたのはこの頃でした。そして、手軽に食べられる冷凍食品の快進撃が始まったのもこの時代です。

ページトップへ戻る
ニチレイ、最大の経営危機!

オイルショックによる所得の伸び悩み、人口の増加率の低下、日本人のカロリー摂取量の頭打ち…。水産品の相場見誤りによる巨額の損失。
いくつもの要因が痛手となって、日本冷蔵の経営は八方塞がりの状態になってしまいます。

1980年 危機を乗り切れ!社内キャンペーン

詳しく見る

八方塞がりの経営危機をのりきるため、社員全員から将来のニチレイについて意見を募集する社内キャンペーン「明日のニチレイ」を実施。その意見をもとに、新しい経営計画を立てはじめます。

1985年 社名変更 ニチレイとして新たな一歩を

新しい企業コンセプト「心の満足」というキーワードのもとに、社名をニチレイに、シンボルマークを「N」に変更、企業イメージを一新して、気持ち新たにスタートをきりました。

奇跡の果実、アセロラとの出会い

詳しく見る

1988年 オランダでの冷蔵倉庫事業に進出

低温物流の海外事業は、インフラが整っていたヨーロッパからスタートしました。オランダの冷蔵倉庫会社の買収を皮切りに、ドイツ(1989年~)、ポーランド(2004年~)、フランス(2010年~)とエリアを拡大していきました。

冷凍食品、大活躍!

1990年代になると、食事は外食や出来合いのお弁当などで済ませる人が増えました。そんな背景もあり、ニチレイの商品は毎年ヒットを飛ばすようなったのです。

1994年 常識をやぶったレンジでできるコロッケ

詳しく見る

2000年代~現在

少子高齢化や女性の社会進出はますます進み、単身世帯やシニア世帯が増加するなどライフスタイルが変容しており、それにあわせて食生活のありかたも多様化してきています。また、食に関するさまざまな問題をきっかけに、生活者が食品の安全性に強い関心を寄せるようになりました。

ページトップへ戻る
2001年 本格炒め炒飯を発売

詳しく見る

2000年~ 品質保証の強化

2000年ころ、中国産冷凍野菜についての残留農薬を危惧する声が高まりました。ニチレイはこれまでも現地の集荷業者を通じて安全管理を行ってきましたが、栽培方法や農薬管理、トレーサビリティシステムの構築などを抜本的に見直し、より安全で信頼していただける商品を提供できるような仕組みを作り上げました。現在では中国に設立した合弁会社が品質検査を担当し、ニチレイ基準を順守できる実力を持った集荷業者からしか調達しないようになっています。食の安全についてその後も様々な懸念が浮かび上がっていますが、重要項目として日々、品質保証力の強化に取り組んでいます。

2005年 持株会社体制へ移行

社会や経済面で大きな変化が生じるなか、各事業領域において意思決定や環境適応の迅速化が求められるようになりました。そこで、グループ全体戦略を担う持株会社(ニチレイ)と、加工食品(ニチレイフーズ)、低温物流(ニチレイロジグループ)、水産・畜産(ニチレイフレッシュ)、バイオサイエンス(ニチレイバイオサイエンス)、シェアードサービス(ニチレイプロサーヴ ※2013年ニチレイに吸収合併)の事業を担う5つの事業会社からなる持株会社体制へ移行しました。

2007年
ニチレイフレッシュ 純和鶏の養鶏事業を開始

詳しく見る

ニチレイグループの海外進出が加速

加工食品事業を担うニチレイフーズでは、チキン加工品の需要拡大に伴い、タイにチキン加工品の生産工場(GFPTニチレイ)を設立。日本(ニチレイフーズ)への輸出だけでなく、タイ国内販売や欧州への輸出を行っています。またアメリカではアジアンフード会社(イノバジアンクイジーン)を買収し、現地での販売を順調に伸ばし海外売上高が急速に拡大しています。

低温物流事業を担うニチレイロジグループも、1988年の欧州進出を皮切りに、2004年に中国、2013年にはタイに進出し、海外事業の拡大を図っています。

ニチレイロジグループ 首都圏、関西圏で冷蔵倉庫を新設

海外からの製品輸入が増加し、大消費地である首都圏、関西圏への貨物集中が進むなか、首都圏では東扇島物流センター(川崎市)、関西圏では咲洲物流センター(大阪市)を新設。着実に保管能力を増強しています。