文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム

  • 環境マネジメント体制

CSR・環境活動
環境マネジメント体制

環境マネジメント体制

多岐にわたる分野の事業会社で構成されるニチレイグループは、各社の事業活動により環境負荷の特性が異なることから、事業会社ごとに「環境保全委員会」を設置し、各社の事業特性に応じた環境対策の立案、実効性の高い環境活動を推進しています。各社の取り組みは、年に3回開催される「グループ環境保全委員会」において報告され、取り組みの内容・進捗に応じてグループ全体の環境保全に関する政策・方針を策定しています。

環境マネジメント体制

環境マネジメント体制

ページトップへ戻る

環境社内教育

教育名 実施内容
環境e-ラーニング 全従業員を対象として2009年度より実施。
毎年、地球温暖化防止や資源循環、生物多様性などの身近な問題を中心に2回実施。
従業員の家庭における節電キャンペーン 従業員の環境意識向上の為に、家庭での節電キャンペーンを2011年度より実施。
参加者の節電工夫策を共有するなど、参加者一人ひとりの電力使用量削減目標達成を目指している。
新入社員研修 当社の環境方針や目標、事業と環境のつながりについて研修を実施。
裏磐梯の社有地における体験型研修 社有地のある福島県裏磐梯地域で、従業員を対象とした体験型環境研修を2013年度より実施。
特定外来種ウチダザリガニの駆除や、社有地周辺の森林での散策などを実施。
長野県富士見町における絶滅危惧種アツモリソウの保護支援の体験型研修 当社は、絶滅危惧種であるホテイアツモリを再生させるための活動―長野県富士見町の「アツモリソウ再生会議」に、設立当初から参画。同町で、従業員を対象としたアツモリソウ保護活動を含む体験型環境研修を実施。
アツモリソウの保護活動を実際に行うことで、一度バランスを崩してしまった自然を回復させることの難しさを体験。
支援林における体験型研修 豊かな自然をはぐくむ森を守り育てる「お弁当にGood!森にGood!」プログラムの活動の一環として、支援林で、従業員を対象とした自然体験研修を実施。
・ニチレイフーズ「お弁当にGood!森にGood!」プログラム

ページトップへ戻る

ISO14001などの認証取得

ニチレイグループは、食品工場におけるISO14001認証の取得を優先しています。
ニチレイフーズでは直営・子会社8工場での認証を取得しました。
ニチレイロジグループでは、グリーン経営認証を取得しています。

ページトップへ戻る

環境監査

ニチレイグループでは、ニチレイ経営監査部が行う監査において、組織運営、業務処理などの事項とともに、環境法令の遵守や環境保全上の重要事項に対するグループ経営監査を実施しています。
また、ISO14001認証取得事業所では、これに加えて内部環境監査および社外審査登録機関による年1回の外部審査を実施しています。

環境監査

ページトップへ戻る

環境会計

ニチレイグループは、環境保全活動に要したコスト、および環境保全上の効果を定量的に把握するために、2000年度から環境会計を導入しています。食品工場、物流センターにおける環境保全コスト、およびISO14001認証取得事業所における環境保全対策に伴う経済効果の把握を行っています。

ページトップへ戻る

環境事故、法令違反の状況

2016年度は、環境に重大な影響を与える環境事故、法令違反はありませんでした。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る