文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • 日本語
  • English
  • 中文

印刷する

ホーム

  • ニチレイグループの環境保全への考え方

CSR・環境活動
ニチレイグループの環境保全への考え方

方針と取り組み

ニチレイグループでは、地球温暖化防止、持続可能な資源循環の推進、自然との共生を3つの重点課題とし、環境保全活動に取り組んでまいりました。グループの基本的な考え方は、「ニチレイグループ環境方針」「ニチレイグループ生物多様性方針」に集約されています。

ニチレイグループ環境方針(2008年12月1日改定)

(基本方針)

ニチレイグループは、卓越した食品と物流のネットワークを備える企業集団として、"食"と"健康"の源である地球の恵みを次世代に引き継ぎ、「おいしさ」と「新鮮」を継続してお届けするため、事業活動に伴う環境負荷の低減に取り組むとともに、ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

■ 地球温暖化防止

ニチレイグループは、気候変動の影響を大きく受ける"食"に関わる調達、生産、保管、物流などの事業活動に伴う温暖化ガス排出量の削減に加え、ビジネススタイルやライフスタイルの変革を支援する活動を実施し、地球温暖化防止に貢献します。

■ 持続可能な資源循環の推進

ニチレイグループは、有限な地球資源を効率的に利用していくとともに、事業活動を通じて廃棄物発生の抑制、資源の再利用、リサイクルを推進します。また、循環資源の購入や仕組みづくりに取り組み循環型社会システムの構築に貢献します。

■ 自然との共生

ニチレイグループは、自然界の多様な生態系や生物種などによって豊かな地球があることを認識し、自然との共生に配慮します。

(行動指針)

ニチレイグループは、環境問題を経営の重要課題のひとつと捉え、基本方針に基づき、全ての事業活動において、環境への配慮を徹底し行動します。

1. マネジメントシステムの構築・運用

持続可能な社会の実現に向けた環境課題を確実に把握し、関連規程の整備、環境目標の設定などに基づき課題対応活動の推進・徹底を図るとともに、その評価・見直しによりマネジメントシステムの維持・向上に努めます。

2. 法令等遵守

関連法令はもとより、社会からの要請を的確に把握し、自ら基準を定め遵守します。

3. 環境に配慮した製品・サービスの提供

製品・サービスの企画や設計・開発の段階から調達、生産、物流、販売、使用、廃棄などの各段階における環境負荷の最小化を意識したモノづくり、サービス提案を推進します。

4. 意識を高め、行動へ

環境教育や啓発活動を通じて一人ひとりが意識を高め、企業人および市民として主体的に環境保全活動に取り組みます。

5. 社会との協調

積極的な情報開示を行うとともに、地域社会の環境活動へ参画するなど、社会とのコミュニケーションを図りながら環境改善に貢献していきます。

ニチレイグループ生物多様性方針

生物多様性は、生きものが存続していくための基盤であり、未来に引き継いでいかなければならない大切な財産です。

私たちの事業は、生物多様性から生み出される多くの恩恵で成り立っていますが、一方でさまざまな影響を与えています。この認識のもと、事業活動による生物多様性への影響を把握し、ステークホルダーの皆さまと連携・協働しながら、保全及び持続可能な利用に継続的に取り組んでいきます。

  • 原材料調達においては、お取引先と連携・協働し、持続可能な利用に配慮して生産、漁獲等された素材やその加工品の調達に積極的に努めます。
  • 事業活動に関わる生物資源は、できる限り商品として皆さまに提供するとともに、肥料、飼料、エネルギー等への資源循環に心がけ、社会のために最大限活かしきるよう努めます。
  • 省エネルギー、省資源、3R(Reduce、Reuse、Recycle)、グリーン調達、有害化学物質対策等により持続的な発展が可能な社会づくりを推進し、生物多様性に影響を与える環境負荷の低減に努めます。
  • 自社施設、所有地及びその周辺、原材料調達先の周辺において、生物多様性保全や復元に寄与する活動に努めます。
  • 環境啓発活動、情報発信などを通じて、生物多様性を育む社会づくりに貢献します

2020年度に向けた目標と重点課題

2020年度に向けた目標と重点課題

地球温暖化防止 自社のCO2削減 2009年度よりCO2を10%(2.3万トン)削減(国内全事業所、所有車両)
社会全体のCO2削減 グループ目標は未設定。
主な活動項目は以下のとおり
  • 1. 容器包装の削減を通じたCO2削減
  • 2. 共同配送やモーダルシフトなど物流効率化提案によるCO2削減
  • 3. 植林など森林保全活動を通じたCO2削減
  • 4. 取引先や従業員家庭での活動を通じたCO2削減支援
  • 5. グリーン電力や排出権購入によるCO2削減
持続可能な資源循環の推進 自社排出廃棄物の削減 リサイクル率99%達成及びその維持(国内工場、国内物流センター)
社会全体の排出廃棄物の削減 取引先や地域との協働により、循環型システムを構築し資源を活かしきる
自然との共生 事業活動を軸とした展開 持続可能な利用に配慮して生産、漁獲等された素材やその加工品の積極調達
取引先や地域との協働により、循環型システムを構築し資源を活かしきる
社会貢献を軸とした展開 事業所および原材料調達先の周辺における生物多様性保全や復元に寄与する活動の推進
環境啓発活動、情報発信などを通じて生物多様性を育む社会づくりに貢献

ページトップへ戻る