印刷する

ホームお知らせトピックス

トピックス

医療機関等との透明性に関する指針
株式会社ニチレイバイオサイエンス
お客様 各位
医療機関等との透明性に関する指針
1.目的
(株)ニチレイバイオサイエンス(以下、「当社」という)は、ニチレイグループの経営理念ならびに、一般社団法人日本臨床検査薬協会の「企業活動と医療機関等との関係の透明性ガイドライン」の趣旨に基づき、当社の活動が、医療をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、及び企業活動が高い倫理性を担保した上で行われていることについて広く理解を得ることを目的として、ここに「医療機関等との透明性に関する指針」を定める。
2.公開の時期及び方法
当社のウェブサイトを通じ、当該年度分の資金提供について、翌年度(当該年度の決算終了後)に公開する。2013年度分より公開を開始することとする。
3.公開対象
A 研究費開発費等
研究費開発費等には、臨床性能試験や、性能評価等に関する費用、およびGVP省令などの公的規制のもと実施される副作用等報告や、製造販売後の各種調査等の費用が含まれる。
 (1)共同研究費:年間の総額
 (2)委託研究費:年間の総額

B 学術研究助成費
学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催の支援としての学会寄附金、学会共催費。
 (1)奨学寄附金:提供先(大学名、教室名等)毎に年間の件数及び総額
 (2)一般寄附金:提供先(大学名、教室名等)毎に年間の件数及び総額
 (3)学会寄附金:提供先(学会名等)毎に年間の総額
 (4)学会共催費:提供先(大学名、教室名、学会名等)毎に年間の総額

C 原稿執筆料等
医学・薬学に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する対価等。
 (1)講師謝金:支払先の大学・病院の担当教授・医師毎に年間の支払件数および総額
 (2)原稿執筆料・監修料:支払先の大学・病院の担当教授・医師毎に年間の支払件数および総額
 (3)コンサルティング等業務委託費:支払先の大学・病院の担当教授・医師毎に年間の支払件数および総額

D 情報提供関連費
医療関係者に対する自社医薬品の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用。
 (1)講演会費:年間の件数 総額
 (2)説明会費:年間の件数 総額
 (3)医学・薬学関連文献等提供費:年間の総額

E その他の費用
社会的儀礼としての接遇等の費用
 (1)接遇等費用:年間の総額

尚、B・Cに関しては、2013年度から2015年度分は項目単位での年間の件数・総額開示を行うが、2016年度分からは個別開示を行う。
以上
2015年度実績(PDF)
2014年度実績(PDF)
2013年度実績(PDF)
戻る

ページトップへ戻る