印刷する

ホームお知らせ新製品案内

新製品案内

抗ウロプラキンⅡモノクローナル抗体
パラフィン包埋切片用 尿路系上皮(移行上皮)の新しいマーカー
NEW 抗ウロプラキンⅡモノクローナル抗体(動物種:マウス)コード:418121 希釈済抗体 包装:50テスト(6ml) ¥54,000
ヒトウロプラキンⅡ(Uroplakin Ⅱ)と特異的に反応する。ウロプラキンⅡは分子量約15kDaの膜糖タンパク質で、ウロプラキンⅠa、Ⅰb、Ⅲとともに尿路系上皮を形成する移行上皮の被覆細胞であるアンブレラ細胞の形成に関与し、尿路上皮の透過性バリアー機能を高めている。UroplakinⅡのmRNAは膀胱がん組織や原発性または転移性膀胱癌患者の末梢血で発現していることが報告されている。正常ではヒト腎盂、尿管、尿道、膀胱などの移行上皮の細胞膜と細胞質に強い染色がみられる。腫瘍では尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)上皮癌の細胞膜と細胞質に反応がみられる。前立腺癌や腎細胞癌を含むその他の腫瘍とは反応がみられないため、転移性の由来が不明な腫瘍において尿路系のマーカーとして非常に有用である。
前処理(抗原賦活化)として「抗原賦活化液pH9」(コード:415201またはコード:415211)を用いた熱処理が必要です。
染色データ
参考文献の紹介
参考文献
製品一覧
 
戻る

ページトップへ戻る